ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
正義の味方
〇事故物件の扱いや評価って・・よくよく考えると不思議ですよ。物件で考えるから何も感じないだけで、人と比較すれば、その理不尽さに気がつきます。

たとえば・・犯罪者と知らず雇用したり、付き合ったり、結婚したり、被害を未然に防ぐために、民間人による【犯歴検索サイト】が誕生して、氏名と生年月日で過去の犯歴が誰でもカンタン検索できたら?そのサイトは正義の味方かな?ま、なるわけないけどね。人は人権に守られているから。

しかし、人が所有する【物件】には、そのような権利は認められていません。善意無過失で何も悪くない賃貸オーナーさんの所有するアパートで・・不運にも孤独死や不審死があったとします。

それをネットで書き込みする者や、それを収集した専門サイトがあり、その事実は公になります。「消費者のために!不動産屋に騙されないために!」という大義名分で、まるで【正義の味方】のように堂々と賃貸オーナーを追い込むわけです。

人間って普通・・病院か自宅で死ぬんですよ。・・で、自宅で死んだら事故物件?・・だったら、大半の家が事故物件ですよ。それに、「もしも死ぬ場所を選べるなら、何処がいいですか?」というアンケートを実施したら・・大半の人が、「自宅」というのでは?

で、自宅で亡くなり、家族が看取ればセーフだけど、独りの時間に死んだら?・・一人暮らしで発見が翌日ならセーフ?・・7日後だったら事故物件?・・それとも10日後だったら事故物件?物件価値は半値以下???

殺人や自殺ならまだしも・・そのレベルの情報まで無断で無関係者に公開して、賃借人の親族、連帯保証人、物件所有者等を風評被害で破産や自殺の道に追い込む【正義の味方】って・・なんか、すごいよね。(笑) 正義の解釈も無限に広がるって事かな。

ま、自分が正しいって考えの者は多いし、結論が先にあり、その理由づけで議論しても不毛です。違法でなければ何やってもいい世界ですが、怖いもの見たさの野次馬相手の商売で、対外的に正義の立場をとられると・・少なからず違和感がありますね。
一流の男?
〇ネットサーフィンをしている流れで、年に何回か遭遇する話があります。、水商売のママが語る「一流の男の条件」や「仕事ができる男の条件」・・始めて目にした頃は、「へぇ~、何か共通点でもあるのか?」と興味がありましたが・・

よくよく考えてみると・・【大金落としてくれて、扱いやすいバカ】・・ってことなんですよ。(笑) ようするに、金払いは良い・・我儘は言わない・・店に迷惑はかけない・・店に気をつかう・・店の女の子に気をつかう・・スマートで、さっさと帰る・・最高の客・・つまり・・

店側にとって【理想的な客】や【最高の客】が、ママさん達が語る【一流の男】なわけです。(笑) ママさんや女の子に好かれるには・・提供されるサービスは最小限で、料金は最高でも笑顔で対応の客って事かな?・・で、逆に金払いの悪い客や、態度の悪い客などは、「仕事のできない男」 「ダメな男」として語るわけです。

そもそも、酒を好むタイプに限定している段階で、説得力ないんですけどね。それに、女の子のいる店に通うリスクやデメリットは多数あります。家族の不満や、女性問題への発展・・不運な場合は性病感染・・相手が悪ければ暴力団との接点・・それらのリスクを受け入れて遊ぶのが、「一流の男」なのか?・・「仕事のできる男」なのか?・・

ま、どちらにしても私には無関係な話です。私は、飲み屋で酒以外の価値や酒以外の有料サービスを好まないので、店員が同席して接客する店(クラブ・スナック・バー・他)には行かない主義です。接待でも無料でも断ります。・・で、第三者からの評価が、3流でも5流でも結構ですよ。(笑)

〇寒くなりましたね。さっさと腰痛を治さないと年末年始に寝たきりじゃ悲惨です。(笑) さて、何にご用心にするか・・腰痛と座骨神経痛には、マジで、ご用心。
希少
〇アパートの一室から、9人の遺体が発見された事件・・不動産価値の下落を訳知り顔で語る者は多いことでしょう。そこで、私の意見も書きますね。

現在、2万円程度の賃料だったわけですが・・・今後は倍以上で貸せる可能性がありますよ。理由?・・有名だってこと。世界的に見てもトップ100には入る?猟奇的事故物件です。悪趣味なマニアは世界中にいるし、日本にも大勢います。

世界では、猟奇的殺人事件の犯人にはファンレターが殺到するし、犯人が刑務所で書いた絵も高額で取引されたりします。猟奇的殺人事件のドラマも映画もヒットします。はっきり言って・・・人気がある分野なんですよ。不謹慎だけどね。

・・で、どんな凄い猟奇的事件の現場でも、【賃貸物件】とは限りません。マニアにとっては、【賃貸物件】でなければ、借りる事が困難なわけで、またまた賃貸物件であれば、マニアにとって希少価値です。

「あの事件の部屋に住んでいるぜ!」というのが、マニアの世界では最高レベルの自慢になります。たとえばですが、その部屋の賃料をオークション方式(入札)で広く募集すれば、もしかしたら月額賃料が10万円を超えるかもしれません。マニアの中にはお金持ちもいるはずです。

ただし、2年契約で更新までしてもらえるか?・・はわかりません。そもそもワンルームは単身者(学生・独身サラリーマン・独居老人・他)が対象です。事件がなくても生活状況が変われば退去しますよ。それがワンルームの宿命です。

どうせ事故物件なら、地味な首吊りより、一家心中とか大量殺人とかのほうがインパクトがあり、マニアが喜びます。問題は、その部屋ではなく、同じ建物の他の部屋です。マニアは事件現場以外は興味ないので・・賃料が上がる事はありえません。普通に気持ち悪いだけ。

事件があった1部屋だけ高く貸せても、他の部屋が退去もしくは値下がりなら・・トータルでは・・やはり損ですね。ま、賃貸オーナーさんは、自分の保有物件の事故にご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.