ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
現実的な話
〇短気で、気難しい性格で、細かい話を嫌い、すぐ怒るお客・・て、たまにいるんですよ。それが買客なら1秒でも速く追い払えばいい話ですが、売客の場合・・悩む営業マンは多いです。(とりあえず専任を取って、それから考えよう・・)みたいな安易な方向に進むのが大半ですが、予想を裏切らず苦労します。

経験上、高確率で商売にはならない・・営業マンが主導権を握れず、金額的に損な話をすれば不機嫌になるだけ・・値下げもできず・・絶対に売れない金額で3か月間、売り出して終わり・・そんな経験を嫌というほど経験しているのに・・専任は欲しい・・もしかしたら、ひょっとして、幸運なら成約するかも・・なんてね。

しかし、成約までの道のりは長く、査定~媒介~売り出し~価格交渉~契約~引き渡しまで、自分勝手で、わがまま言い放題の売主と二人三脚でゴールできる可能性は・・低いです。

1人のお客と出会うために、会社はたくさんのお金を使っているわけで、「難しいお客」という理由で切り捨てるのは許されません。私が大手にいた時は・・上司に言って、他の営業マンに譲りました。(笑) お客は会社のものです。自分が担当したくなければ他の担当者が対応すれば良い・・ってわけです。

どんなタイプのお客にも対応できる営業担当者は素晴らしい・・わけではありません。どんなタイプのお客とも成約できる営業担当者が素晴らしいのです。しかし、それは無理。できもしないのに無理して担当すれば、会社に損害を与える可能性もあります。

営業ノルマや、与えられた時間・経費を考慮すれば・・野良犬とか狂犬病の犬みたいなのを相手にするのは無駄の極みです。ま、新人なら、チャレンジしてもいいと思います。経験する事に意味はあります。ただ、同じ失敗を繰り返すなら・・バカです。

お客の見極めができるようになれば・・出会いの段階で最終結果が予測できますよ。不動産仲介営業の難しさは、「物件」より「人」の扱いです。クレームも物件の物理的要因より関係者の心の問題のほうが厄介です。ま、ご用心。
相対評価
〇今年の宅建は35点が合格ラインだったみたいですね。合格の点数が毎年変わるシステム・・そろそろ変えればいいのにね。合格率や合格者数は出題の難易度である程度は調整できるはずです。極端な差はでませんよ。

現在のような相対評価(合格率で絞るシステム)だと、受験者の85%が49点で、15%が50点満点だった場合・・49点の人は落ちます。逆に、受験者の85%が1点で、15%が2点だった場合・・2点で受かる事になります。・・ま、現実的にはそこまでの極端はありえないけどね。デタラメで答えても10問くらいは当たるから。(笑)

私は、絶対評価方式(必要な知識レベルを超えている人はみんな合格)で良いと思いますけどね。たとえば・・世の中の大半の人が「宅建士」になったとして・・べつに国は困らないのでは?

「・・主任者」を「・・士」にするなんて、どーでもいい事は改正するのにね。理解に苦しみますよ。(笑)
たまにある話
〇不動産仲介は売主と買主をマッチングして契約する仕事ですが、それは、「売りたい人」と「買いたい人」なわけです。しかし・・たまに、「売る予定のない人」に売らせる依頼があるんですよ。「あの角地が欲しい。所有者を調べて交渉してほしい。」とかね。

ま、それが購入希望者からの依頼ならまだマシかな。ひどいケースだと、「私の取引先が、あの土地を欲しいと言っている。調べて交渉して欲しい。」なんてケースもあります。「いくらで?いつまでに?どんな条件で?」・・て内容はすべて不明・・それで引き受けるバカはいないとは思いますが、そんな依頼もあるのです。

こんなケースもあります。住宅地図に黒いマジックで5箇所くらいマルで囲んで、「この印をした土地で買えるなら買いたいと言っている人がいる。調べて動いてほしい。」(値段不明・条件不明・本気度/不明)・・

そんな状態で、物件の所有者を調査して、所有者と面談して、「それでは、いくらで買いたいのですか?」と逆に聞かれて、「それはわかりません。では、依頼人の紹介者に聞いてもらいますね。」・・て答えたら、バカです。(笑)

〇個人情報保護の問題もあります。まずは購入希望者本人と面談し、購入希望者の個人情報(氏名・住所・用途・希望条件等)を聞き、それを先方に伝える事の承諾をとり、土地所有者に対しても同様、土地所有者の個人情報を、購入希望者に伝えてよいかの確認(承諾)が必要と思います。

〇不動産仲介は成功報酬です。既に物件化しているものを紹介しても成約確率は低いのに、それより確率の低い仕事をするのは、「タダ働き」のリスクがあります。少ない可能性でも一生懸命に頑張るスタンスはカッコいいですが、【時間・労力・経費】が無駄になった場合、「利益0円」ではなく、「マイナス」です。

それを笑って許してくれる不動産会社ばかりではないはずです。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.