ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
運気の変え方
〇浮き沈みの激しい不動産営業の仕事をしていると、非科学的ですが、自分ではどうにもならない運気というか、逆らえない流れみたいなものを感じる時があります。それと同時に、自分でどうにかできそうな運気というか、運気の変え方みたいなものもある気がするんですよ。

たとえばね・・同じような毎日が続いていたとして・・ある日、日頃は連絡をしない相手に連絡してみる・・しばらく顔をだしていない取引業者とか、業界仲間とか・・3人か4人くらいかな。・・で、しばらくぶりだから近況を交えていろいろな話になるし、その流れで良い話が舞い込んできたりします。

・・ここまではよくある話。それに自分が行動して、その行動の結果、チャンスを掴むのはよくある話・・で、「日頃は連絡しない相手」に数人、連絡をとった後、あるいは最中に・・・その行動やその行動による影響とはまったく無関係な・・・しばらくぶりの知人から連絡がきたりするんですよ。

その知人から良い話がでるか?悪い話がでるか?は運次第で、変わった動きをすると「嬉しいことがある」という話ではありません。「何かが動き出す」という話です。

同じような毎日を変えるべく、変わった動きをしてみると・・運や流れになんらかの変化があり、まるで錆びて止まっていた時計が動き出したようなかんじ・・停滞していた運気に変化が生じるのではないか?・・という推論です。(笑)

たとえばアナタが・・同じような毎日が続いていたとして、そんなある日、しばらくご無沙汰している仕事の関係者4人に電話をしたとします。それはそれで何らかの話は舞い込むかもしれませんが・・その流れで、それとは無関係な・・10年ぶりの友人とか、疎遠になっていた知人とか、何故か?その日に連絡があったとしたら?

同じような毎日が続いている人は、ものは試しで、少し違った行動をしてみたらいかがですか?たとえば・・初めて私にメールしてみるとか?(笑) ・・知り合いは勘弁してね。知り合いとメールで語り合う趣味はないから。(笑)

〇先日の記事で「私がブログで知り合った人の何人かは宅建試験を受けたけど、おそらく全滅」・・と書きましたが、知人の社長さんから合格したと連絡がありました。私は、「マジっすか!」と驚き、喜びました。(笑) しかし、落ちた人から連絡ないね。・・そっとしておくのが良いかな。(笑)
35か。
〇宅建・・今年の合格点は35でしたね。ギリギリ35だった人は最高のスリルを味わえたことでしょう。(笑) 毎年、宅建の合格発表日には、自分が合格した時のことを思い出します。成人式の日に、自分が成人した時を思い出すのと同じですよ。

私が受かった時は点数にかなりの余裕があったので緊迫感はありませんでしたが、宅建の合格は、「人生で嬉しかったこと」でかなり上位です。おそらくは・・残りの人生があと1年か10年か20年か?わかりませんが、今後、それ以上の嬉しい事は無い気がします。

そういえば・・業界歴の長い知人が、宅建に合格した数年後に他界したのですが、その時・・故人が亡くなったことの悲しみよりも・・(早すぎるよ!まだ少ししか宅建使ってないのに・・)って思いが強かったですよ。(笑)←不謹慎かな。

宅建の資格は、「一度受かれば死ぬまで有効」・・と言われていますよね。(もちろん例外はあるし、宅建士証は更新あるけど) でも、合格してから死ぬまでの年数って、人それぞれなわけで、資格全般に言えますが、「あと何年使えるか?」・・て気になりますよね。あなたはあと何年かな? ま、ご用心。
いよいよですね。
〇いよいよ明日ですか。宅建の合格発表。ま、実際は今夜0時にはネットで情報が流れるはずです。(毎年そんなかんじだしね。)

大きい会社にいる時は受験者も多いので盛り上がりますが、地場にいて周囲に受験者がいないと盛り上がらないですね。発表日を過ぎてからネットか何かで知り、「そういえば、そんな時期か・・」程度になります。

私はこのブログ経由で知り合った人が何人か受けているので気になりますが、おそらく全滅です。(笑) そういえば、私が業界で知り合った仲間はみんな資格者ですが、50代以上の人の大半は宅建士の更新をせず失効しています。

「固定給の営業マン」でなくなると使わなくなるんですよ。「フルコミ」でも会社で対応できれば必要ないしね。必要ならいつでも更新手続きして復活できます。これが運転免許との大きな違いかな。

・・さて、何点かな。私の予想は36です。でも・・35だといいね。(笑) 
愚行2
〇ずいぶん更新してなかったですね。ま、貧乏暇なしで細々と動いてはいますが、ブログの更新くらいはできる時間もありましたよ。でも、更新すれば良いってものでもないしね。暇つぶしの雑談レベルでも少しは役立つか?笑えるか?の内容にしたいと常々思っています。

〇ネットニュースで見ましたよ。大手系不動産仲介営業の住居侵入と窃盗の疑いのニュース。(笑) 被疑者が在籍していた会社や支店ではお祭り騒ぎでしょうね。 近くの同業者は笑っていることでしょう。(笑)

ま、似たような事件は昔から定期的にありましたよ。当ブログでも、面白半分で創作したショートストーリーを公開しましたね。「愚行」とかね。前も言いましたが体験談ではありませんよ。遊びで創作した話です。

もし、その被疑者が私のブログ(愚行)・(留守中の疑惑)・・を見ていたら・・用心して罪を犯さず、踏みとどまったかもしれないな・・と思います。

〇犯罪抑止力は・・正義感や道徳心とは限りません。社会的な制裁・刑事罰・賠償責任があるから罪を犯さない・・て人が大半ですよ。それらのリスクを負ってでも、やり遂げたい事がある人って、ある意味すごいと思いますが・・今回の事件は・・不謹慎ですが笑えますね。(笑)

〇賃貸は別として・・新築の建売みたいにコンスキー(工事用キー)があれば苦労が減るのにね。工事用キーは、一度でも正規のキーを使うと使えなくなります。工事の際にいろいろな建築業者が工事用キーを使いますが、その合鍵を作って隠し持っていても、引き渡し後には使えない鍵となり、安全・安心なわけです。

不動産会社の社員による合鍵を使った犯罪・・そろそろ対策をしたほうが良いでしょう。売買物件に関しては、引き渡し決済のタイミングで鍵交換をする事です。大手ならそれをルール化して鍵交換費用を会社負担にするとかね。成約キャンペーンとかで商品券をプレゼントする予算を使いリスク回避すればよいです。

で、新しい鍵は、鍵屋から直接、買主へ渡すことは言うまでもありません。一瞬でも社員の手に渡れば、またまた合鍵を作るチャンスが発生します。それでは無意味。(笑) 社員の手に渡らない方法にすることで、社員を疑る必要もなくなり、社員を守れるのです。その結果、会社を守れます。ま、これも売買の場合ね。

賃貸の場合はかなり困難ですね。管理のために合鍵を会社で保有する必要があります。新しい鍵を作っても、その新しい鍵の合鍵を会社で管理するなら、それを元に不正に合鍵を作ることが可能です。また、他社が物元の物件を案内する場合、その他社が鍵交換を怠るなら、案内時の鍵が入居後も有効となり、対策のしようがありません。

入居者のデータ管理と鍵の管理を厳重にするくらいしか方法がないですね。あとは社員教育かな。それが一番難しいかな。流れ者の寄せ集めみたいな不動産屋が多いしね。ま、私も流れ者ですが。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.