ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
よくある相談1
〇相談のメールが頻繁に着ますが、その中でも多いのが、新人が上司から指導されないケースです。たとえば・・宅建を取って、不動産会社に入社した。・・不動産会社といっても、別の業界の会社が作った不動産部門的な組織で、総勢3人~5人・・全員素人・・とか。

上司も深い知識はなく、そもそも宅建も持ってなくて、質問しても「自分で調べろ」みたいな対応・・困り果てて、ネット検索してこのブログに辿り着いて、ダメ元でメールした・・そんな流れです。ま、資格だけ持ってても経験がないと不安なわけですね。

ま、行き当たりばったりで、臨機応変で頑張るしかないですね。そもそも面接の段階で、そのような立ち位置になる事はわかったと思います。未経験が不安なら、対策としては、宅建の学校の講座で、実務研修みたいなコースがあるはずです。休日に通うといいです。通信もあるかも。

無料で実務を学びたいなら・・宅建の合格をきっかけに、大手系仲介会社に入ることですね。中途採用の営業職は、在籍期間が3年平均で、長くて5年くらいなので、「学校」みたいですよ。(笑) 稼ぎながら学べます。主な仕事はチラシ投函だけどね。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇今年もやってきました!ギックリ腰!・・去年は9月だったかな。なんか3年に1度くらいだったのが、1年に1度になりました。杖とか、腰用のサポーターとか捨てられません。来年も使う気がするから。(笑) 

楽しみと苦しみの比率で、苦しみの比率が増えていくのが老いの現実かな。ま、ご用心。
他人事ではない話
〇国民の高齢化にともなう公的年金制度の見直し、高齢者の就労、多様な働き方等、「社会保障に頼らず、死ぬまで働け!」って流れですが、不動産業界では、なかなか難しい事ですよ。ま、ジィさん、バァさんの不動産屋は高齢でも働いていますが・・

それは自営業の話で、会社員としての勤め先と考えると、不動産営業マンはせいぜい45歳迄で、中途採用は35歳が一般的な線引きで、40歳弱が限界ラインと思います。いずれにしても不動産会社は使い捨て営業マンに退職金など払うつもりはなく、また、高齢者となるまで働いてもらう気はありません。

〇昭和の終わり頃から業界にいますが、バブル崩壊の頃までは、地場業者に40代、50代、60代の営業がゴロゴロいましたよ。それを見て、(こりゃ~俺も生涯、不動産業界で生きれるな。)・・と安堵したものです。しかし・・私が40代になる頃には、50代、60代は見かけなくなりました。

IT化やAI化は進み、便利になるのはいいけど、人はいらなくなるわけで・・極端な話、時給100円でも月給5万円でも・・高齢者を営業マンとして雇用するのは無理がありますよ。事故でも起こされたら困るし、外回りみたいな激務はできないしね。アパートの草むしりとか?・・それって営業マンの仕事じゃないしね。(笑)

年金受給開始が、将来的に70歳以上にはなると思いますが・・不動産営業マンを続けられるのが45歳として・・その後25年間・・どうやって食つなぐのか?・・すべての使い捨て不動産営業マンの重要なテーマですね。

業界に残るなら、独立開業か?・・フルコミか?・・の2択です。どちらを選択しても、離婚と破産、自殺のリスクは高まります。辛い事があれば酒の量は増えます。健康を害する人も多く、大半の人は・・年金の受給開始まで生きられないでしょうね。ま、ご用心。
ジジババ不動産
〇いわゆる地場の小さい不動産屋ではアパートの借主に金を貸したりするケースが多いんですよ。ま、ほとんどが、家賃が払えない人に頼まれて貸すケースです。親切とか思いやりとか、そんなんじゃなくて・・面倒な作業を避けるためです。

たとえば、5万円の賃料なのに、「今月は4万円しか払えないです。」・・とぬかす賃借人がいたとします。それをオーナーさんに送付する家賃収入の明細書に、どのように掲載するか?今月は1万円少ない人がいて、不足分は来月に計上?・・そんな恥ずかしい事できませんよ。(笑)

それに、そんな事をしたら、経理上、面倒臭い処理になるし、そんな事を毎度毎度、繰り返すわけにはいきません。 カンタンなのは、【入金済】か【未入金】の2つだけです。・・では、「半端な金額は預かれないよ。」と追い返していいか?

そんな奴が来月に2か月分の10万を持ってくるわけがないです。だから、現実的にはその4万円だけでも預かるべきなんです。・・では、4万円は半端だからオーナーさんには渡さず、来月に、来月分の5万円と今回の不足分1万円をもってこさせて、その時に4万円を足して計10万円でオーナーさんに支払うか?

ま、正しい処理方法ってのが当然あるとは思いますが・・ジィさん、バァさんの不動産屋は・・家賃集めて、管理料を差っ引いて、オーナーに振り込む・・程度の単純処理ですよ。1万円を来月回しにする処理をするくらいなら・・自分が1万円を貸すか、立て替える処理のほうがラクなわけです。

・・で、一度でも貸したり、立て替えたりすると・・借りた人は次からも甘えてきます。そんな賃借人が複数いると・・返済を滞る者もでてきて、その結果・・借用書をつくり、返済計画を迫り、金利も上乗せして、取り立てもして・・気がついたら、金を貸すのが普通になります。(笑) ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.