ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産仲介の稼げる環境
不動産仲介の営業成績に関してですが、「会社・雇用条件・店舗・エリア」により浮き沈みがあります。現在、トップセールスでも、環境が変われば「リストラ対象者」まで落ちる事もあります。

集客力のある有名な仲介会社でトップクラスのセールスが、ライバル会社に転職して「落ちこぼれ」になるケースは珍しくありません。会社の力を自分の力と勘違いしていた例は数えきれません。

集客力のある会社では、営業が何もしなくても来店客は大勢来ます。難しい事を言う顧客は全員捨てて、いわゆる「おいしい客」だけ選別して契約し、好成績を維持していた者が他社で通用するとは限りません。

逆のパターンで、小さい会社で成績が上がらず、稼げずに退社した者が、大手系列会社に入社後、短期間で全国トップクラスになった例を見ました。

条件次第で、トップだったり、落ちこぼれたりします。仲介営業は「稼げる会社・稼げる店・稼げるエリア」だと有利です。しかし、会社は自分で選べても、配属店舗や担当エリアは自分に決定権はありません。「運も実力のうち」なのです。

稼げる環境にはライバルがいます。「稼げるエリア」はみんなが狙っています。新人や転職者に任せる事は少ないです。

今、稼げる場所(会社・店舗・エリア)にいる人は、1日でも長く、その環境を維持する事が大切です。また、稼げない場所にいる人は、1日も早く稼げる場所に移動する事が重要です。稼げる場所を作るより、稼げる場所に移動したほうが効率的だからです。

営業マン個人の実力は車の運転技術と似ています。運転できても車がポンコツだと不利です。しかし、車が高性能でも運転できなければ走りません。みんなが「同じ車で、同じコースを、同じ天候」で競争した時に、個人の実力が判明します。


業績に関する個人評価と会社の力のバランスは・・
(年収÷年の仲介収入)×100=あなたの評価です。(%)
仲介営業 毎週の悩み
大手系列の不動産仲介会社は、個人の営業方針を尊重します。それぞれが週末に向けて色々な事を考えています。

・新築戸建のオープンハウスを開催する者
・中古マンションのオープンルームをする者
・売地の現地販売を開催する者
・値下げした中古住宅の折込広告にかける者
・建売用地を建売屋に押し込む者
・土日の案内が予定されている者
・何も予定なく、流されていく者
・「もう辞めようかな」と転職を考える者・・・

オープンハウスや現地販売等は天候に左右されやすく、失敗すると誰も見に来ない事もあります。オリンピック・・選挙・運動会等も失敗の原因になります。

「来週は何をやるのか?」いつも考えていなければなりません。成功しても失敗しても、自分の責任となります。月末に「ダメでした・・」との報告を、笑って聞く上司はいません。今月できなかったノルマは来月に上乗せされます。

成果の上がっている営業は楽です。「もう今期のノルマは終わってるのさ」なんて人は、来期の組み立てをしつつ、時間を消化する感じです。

数字の世界です。頭脳+行動力×運・不運=成績となります。

明日は朝から物件集めです。「商談中です。」とか「契約予定です。」と言うのも、言われるのも慣れてはいますが、2月~3月は、目先の数字の為に、お互い「ありますよ~FAX番号どうぞ~。」て答えましょう。癖の悪い業者は別として・・・

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.