ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
苦境の仲間達へ
不動産仲介業者で、劣悪な労働環境の会社も少なからずあります。毎日深夜帰宅で、根性主義、ノルマ死守のための強引な月末契約・・・。本部の方は、たまに店に来ればPCのトランプゲームばかりしていて、神様きどり・・・・。まぁ、そこまで酷い会社は少ないでしょうけど。

まぁ、そんな会社があったとします。文句を言う営業マンは愚かです。そんな会社は辞めてしまえば良いのです。そのような状態の会社を続けているより、まともに仕事ができる会社はあるはずです。

人生は一度しかありません。人生の終盤に己の人生を振り返り、「良い環境でベストを尽くせた」と思える場所なら、大きい会社でも小さい会社でも良いと思います。

売買仲介営業は、己が稼ぐ事を目的とするプロフェッショナルです。稼げる環境、稼げない環境を選ぶのも自己責任。腕に自信があれば、いくらでも好条件で入れる会社は有ります。
愚かな不動産営業マン
昔、ある町の不動産屋さんで起こった珍事です。不動産売買の契約を締結するため、購入者であるご夫婦が来店されました。この時点までは、何もかも順調です。担当営業マンは、契約できる事を喜び、テンションも高かったのだと思います。

「ご契約いただき、本当に嬉しいです!」と、奥様の頬に「チュッ・・」としたそうです。ご夫婦ともにビックリ、そして激怒!そして契約は壊れたそうです。

契約が嬉しいのは理解できます。私も営業ですから。しかし・・・。ここがアメリカなら普通なのでしょうか? 少なくとも日本では訴えられる可能性もあります。

あまりにも面白い話でしたので書いてみました。その不動産屋も今は無いですし、私も聞いた話ですので誰の事かは知りません。デタラメかも知れません。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.