ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
路地状部分
最近、他の営業が査定に行った時の話。
物件の価格査定に行った際、4mの間口で路地状部分の奥に2件の家・・「普通の敷地延長だな」と思い、所有者と話をしてみると・・・なんと、路地状部分を1mづつ分筆して、隣の所有者と1筆づつ交互に所有しているとの事!(合計4mを1mづつ、私、隣、私、隣) しかも隣地所有者は「各自2mづつ確保」案に反対との事。

この場合、4mの間口を2mづつ確保するのが通常の方法であります。建築基準法では「建物の敷地は4m以上の道路に2m以上接する」という接道義務があります。それ以下だと建築許可が難しいのです。

これが位置指定道路ならば問題は無いと思います。(ただし、道路を掘削する時のために持分はあったほうが良いです) 位置指定道路の場合は分譲会社が「共有する道路に物を置いたり、車を止めたりしないように宅地と接しない部分を持たせる」場合があります。

・・・しかし、敷地延長部分は自分が2m持っていないと不安です。再建築の際に隣地の同意が必要になりますし、同意しない可能性があるからです。そんな状況で査定しても価格は半値以下です。再建築が難しい物件を買う人は少ないのですから。

※路地状部分とは変形敷地の一部で、道路に接している間口の幅が狭く、細長い通路の状態になっている部分です。「敷地延長」とも言います。

※位置指定道路とは建築基準法上の「道路」の一種。幅4m以上の私道で、特定行政庁が道路位置の指定をしたものです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.