ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産業界で検索
検索エンジンで、「不動産業界」を検索してみると、私のHP版「不動産業界の歩き方」がヤフー以外は、ほとんど1位で表示されていました。(スポンサー企業の有料上位表示は別)Google-1位、MSN-1位、goo-1位、BIGLOBE-1位、excite-1位、infoseek-1位・・・yahoo-6位 (本日)・・・こんな暇つぶしを3月末にしているようではダメですね。

私のHP及び当ブログは私1人で運営しています。HP版はIBMホームページビルダーを買い、デザイン等はテキトウで、内容重視で作成しました。このブログはFC2ブログですので何も用意せず運営可能です。

私は普通の不動産営業マンです。このような形でいろいろな人達に自分の言いたい事を言い、全国の営業(または予備軍)とメールをしたりできるのは画期的です。皆様もやって見ますか?


※本日いただいたメールは全て返信しました。私にメールをした方はご確認下さい。それでは、また明日。
人事の法則
いよいよ人事異動の季節・・というか「4月1日」がやってきますね。内示は1日か2日前の会社が多いと思います。営業マンの扱いは、そんなものです。1週間も前には、教えてくれない(だいたい決まってない)ですからね。

他の業種は知りませんが、大手系不動産仲介会社は、営業職の移動=成績向上が目的です。・・・したがって「成績の良い者」は昇進以外の理由では動きません。しかし「成績不振者」は、転勤させれば成績が良くなる可能性があると判断するのです。「どうせ現状が悪いのだから、動かして良くなればラッキー、ダメでも現状と変らず。辞められてもOK」という事です。

A地域の営業マンG君と、B地域の営業H君は、両方とも成績不振者です。二人を交換したら、2人とも売り上げが伸びました。・・これが最高のパターン。

A地域の営業マンG君と、B地域の営業H君は、両方とも成績不振者です。二人を交換したら、1人だけ売り上げが伸びました。・・これも人事としては良いパターン。

A地域の営業マンG君と、B地域の営業H君は、両方とも成績不振者です。二人を交換したら、2人とも成績不振は変らずでした。・・2人とも退職しました。これも人事としては良いパターン。

・・・いずれにしても本人の希望は関係ありません。将棋の駒ですから。しかも「歩」。

「もっと一生懸命に仕事して売り上げを上げていれば良かった・・」と後悔するのが3月末です。そうゆう人は、判決を待つような気持ちでしょう。 こんな事書いてて、私が移動になったりして・・。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.