ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
劣悪な環境のメリット
先日、他社の営業と売り上げの話をしました。成績についてなのですが、店のメンバー全員が厳しいノルマを達成しているとの事。私もよく知る会社ですので、嘘ではない事は分ります。

その会社は、いわゆる根性主義で毎日遅くまで営業しています。営業の活動に関しても細かいノルマがあり、月末には無理に契約を突っ込む事で、時折トラブルが起きています。そんな劣悪な環境で、いくら稼げるかというと、たいした年収は稼いでません。きっと会社幹部の人件費に消えるのでしょう。

しかし、数字に関する意識は尊敬に値します。生ぬるい会社の営業は、少し見習ったほうが良いとも思います。

昔、電話帖で電話セールス専門の会社がありました。急成長した会社なのですが、高額歩合では飽き足らず独立した者もたくさんいました・・・しかし、その大半が失敗しました。なぜか?・・・電話専門のセールス会社には、鬼のような上司がいて、ガムテープで受話器と手をグルグル巻きにされ、無理やり電話セールスさせる環境にあり、大勢の営業が活気?あふれる部屋で電話セールスしていたのです。

やらされていたから出来た事なのです。独立して、一人で出来るか?・・・出来ないのです。命令されなければ・・みんながいなければ・・・鬼のような上司がいなければ出来ないのです。

死ぬほど働いて、自分の限界といえる力を出すには、それなりの環境が必要という話です。人間は弱いですから、楽なほうに行きたがります。営業は、強制されたほうが能力を発揮できる職業なのかも知れません。

あなたはどう思いますか? それでは、また明日。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.