ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
社風
え~、今日は大手系列に属する不動産仲介会社の「社風」について少し講義します。

・・・と言うほどの話でもありませんが、会社により「社風」というか、独自の雰囲気があります。これは経営陣の考え方が100%影響した結果、生み出された結果です。今日は「社風:コンプライアンス意識」について。

銀行系等のお堅い会社は「コンプライアンス命」ですので、安全第一で、実績より安全が重視されます。これは有名企業として当然のスタイルです。企業防衛に関する意識の高さは尊敬に値します。見習うべき事は多いと思います。

いわゆる営業会社のほとんどが実績主義です。その事自体は問題ありません。問題は「お客様主義」的なキレイごとを言い過ぎる会社ほどダメな会社だという現実。「お客様を第一に考える」と宣伝している会社で「お客様を第一に考える」会社はありません。実在するとしたら「猿が重要事項説明する」程、低い確率です。(私の個人的見解)

コンプライアンスを重視した会社と、そうでない会社の見分け方があります。原因は不明ですが私の知る範囲で例外はありません。

ダメな会社
・広告に「信頼・信用」等の単語を恥ずかしくもなく引用。
・朝礼で「社訓」等の綺麗事を叫んでる。
・社員が「コンプライアンス」をフランス料理と思っている。
・お客様に「お客様主義」を組織的に、必死にアピールしている。
・社員の入社、退社の回転率が高い・・というより5年位で全員入れ替わっている。

いい会社
・「お客様主義」みたいなアピールは不要。当たり前の事だから。
・企業を守る意識が、自然に「お客様も守る」結果となっている。
・役員の安全に関する意識が高く、社員教育も徹底されている。

もっと確実な判別方法は「行政処分」の犯歴を調査する事です。

真面目な会社が「当社は真面目です!」と広告する必要はありません。

では、また明日。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.