ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
良い客
不動産業者は、いろいろ不便な事があります。例えばアパートを借りる際には嫌がられます。「プロに貸すなんて怖い」という事。銀行も住宅ローンを融資する際は注意しているようです。「不動産会社の営業職は転職が多いため収入が安定せず住宅ローンなんて怖くて貸せない」という事。不動産屋なのに不動産関係で苦労するのです。※大手系列やそれなりの会社に勤務していればローン位は借りられます。

世間では派手なイメージがある業種ですが、現実的には、もうそんな人は少ないと思います。そういえばベンツに乗っている業者が減りましたね。

業界の方は住宅ローンが組める時に家を購入しておきましょう。いつでも住宅ローンが借りれるわけではありません。借りる事ができる時に買う。それが業界人の常識です。

不動産仲介を職業とする者が自分の家を買う時の話ですが、2つのパターンに分けられます。1つは「プロだから値切り、細かい要求もするタイプ」まさに最悪の客です。もう1つは「楽な客」。仕事では細かいクレーム等を経験しているので、自分が買う時は、営業担当を苦労させる事なく少々の事は我慢するタイプです。

私は後者です。相手だって「不動産業種の人間が買主」では警戒します。一般の人に売りたいでしょう。なのに取引をしてくれるのですから感謝したほうが良いと思います。

さて、あなたは客になったら「良い客」になれますか?
それでは、また明日。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.