ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
一事が万事
ある顧客から聞いた話です。人気エリアで物件探しをしていた時期があり、ある仲介会社に物件価格の相場を尋ねると、「相場ですか?そうっすね~、6,000万~7,000万位っすかね~」と20代の茶髪の担当者に言われたそうです。で、「5,000万~6,000万位の予算じゃ~キツイっすね~」と言われショックを受けたようです。

価格が高い事より、若くて馬鹿丸出しのお兄ちゃんに言われた事がショックだったようです。比較的にキチンとされた顧客だったので、そのような失礼な対応をされた事が無かったのでしょう。できれば「お客様のご要望を満たす物件は、恐らく6,000万以上すると思います。」とか「6,000万以下でお探しするとなると、ご希望の条件を満たす物件は無いと思います。」等の丁寧な対応を期待したのでしょう。

この仕事をしていると注意しなければならない事です。高額商品を扱う者として、海の家のバイトみたいな楽な姿勢でなく、ホテルマンのように上品で失礼のない対応が求められます。焼き鳥屋のオヤジなら「いらっしゃい!」でも良いですが、高級料理店に行けば「いらっしゃいませ。」位は言うのが常識では?不動産は「買い物」というジャンルでは、かなり高額です。

雑な対応をする会社は、経営者も雑です。営業マンは使い捨てなので社員教育なんて時間の無駄と考えてます。比較的に高い確率でトラブルが発生し、その対応も期待できません。そうゆうヒントを与えてくれているのですから、消費者としては「馬鹿丸出し」の営業が担当して助かった・・という考え方もあります。契約してから気がついたらアウトですが・・。

追伸:頂いたメールは全て返信しておりますが、1件だけ戻ってきてしまいました。原因は不明です。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.