ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
権利証
新不動産登記法が施行される前の話です。不動産仲介の営業は、契約時に権利証(登記済証)を確認したり、決済時に権利証を授受する際に立ち会ったりと、権利証とは縁が切れません。

年に1人や2人、決済の日に権利証を忘れて大騒ぎします。何故か?・・・。まぁ、営業マンが契約時に確認して「これが権利証ですので、大切に保管していて下さいね。」と言っていれば確率は減ります。その行為をしていない場合が原因の1つではあります。

もう1つあります。権利証とは「黄色か白の表紙に『権利証』と書いてあり、中に数枚の紙が綴じ込んでいて、不動産の表示とか書いてあり、大きい印が押してあるやつ・・」と思っていませんか?

表紙は専門の文房具屋に売っているもので、司法書士がサービス?で付けているだけです。中に綴じ込んである紙の中で、大きい縦型の『登記済の印』が押してある紙が『権利証』なのです。それが押してあれば『和紙』でも『コピー用紙』でも『権利証』です。

権利証(登記済証) とは、不動産の登記の際に登記申請書と同じ内容のもの(副本)を法務局に提出し、登記完了時に『登記済』の印を押して還付してもらったものの事です。

表紙を目印にして探すと、紙1枚の権利証を見逃します。相続等の場合に空の権利証(表紙あり)と新しい権利証(紙1枚)が別に保管していて、空の権利証を持ってきたりする例が有ります。

表紙に惑わされないよう気をつけましょう。大恥かきます。

※現在においては新不動産登記法が施行となりましたので、登記申請のオンライン化に伴い、オンライン化指定庁となった市町村から、権利証が廃止されます。古い権利証は次に使う時に『登記識別情報』となります。(権利証→登記識別情報)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.