ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
けじめ
若い頃、ある中古マンションを取引した時の話です。

オープンルームにきた顧客が購入をしたいとの事。200万円の値引き交渉があり、売主(グループ会社)の承諾を得ました。すると顧客は、あと100万の値引き要求をしてきたのです。私は口約束を重んじるタイプですし、軽い裏切りも許しませんので商談を断りました。

後日、他業者から買付が入りましたが上記の顧客でした。「御社の顧客から『是非!当社に仲介に入って欲しい』と強い要望があり、共同仲介になりますが受けて欲しい」との事。そして価格から300万減額した買付証明書を差し出しました。

私は「満額なら良いですよ」と対応しました。途中から業者が入る形で顧客に得をさせる事は阻止すべきだからです。満額で契約なら業者の面目も丸つぶれですし、私の望む形となります。・・結局、値引きなしの満額で契約しました。

途中から登場した仲介会社は、その顧客と出会い、「当社が仲介に入れば値引き交渉を上手にしますよ。」といいかげんな事を言ったのでしょう。登記を調べて「抜けない」事に気がつき、正規ルートで値引き交渉して失敗したのです。

その業者は「200万円までは値引き交渉した経緯がある」と顧客から聞いていたのに値引きどころか満額・・仲介に入った事により価格交渉が白紙に戻ったのです。最終的には恨まれた事でしょう。手数料は儲かったが自分と会社の信用は落とした結果です。

顧客は、最初の交渉で私に任せていれば200万円の値引きに成功していました。自己嫌悪に陥っているのでは。悪あがきをした事が原因で、追加100万円下げさせるつもりが逆に満額になってしまったのですから。

私は片手の手数料になってしまいましたが、グループ会社が所有する物件だったため、満額にて契約できた事で「グループ会社の資産処分」に関して良い評価を得ました。

「売れたら売れたで諦めます」なんてプロを馬鹿にした客も多いですが、素人の精一杯の駆け引きなのです。例え手数料を損しても、顧客や他業者に舐められたり笑われる事のないよう「一歩も引かない強い姿勢」が必要な時があります。

「あそこの会社の物件なら抜いても怖くないし、値引きも楽勝」とか言われたら終わりです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.