ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
バカ息子
昨日が『バカ親』だったので、本日は『バカ息子』です。自然な流れですね。

『家を査定して欲しい』と依頼があり、理由を聞くと『息子が商売に失敗して』とか『息子の保証人になったのですが・・』等の話は少なくありません。

息子が金策する際に、連帯保証を親に頼み、承諾して失敗するパターンです。商売が上手くいってないから融資を受けるのですから、高確率で責任を取る事になります。

結果、息子を助ける事はできず共倒れとなるのです。保証を断っていたとしたなら、息子の破産は早まりますが最低限の手助けはできます。親も家を売る事になってしまうとしたら、誰も手助けできませんね。残された道は『ホームレス』となり、公園や駅で暮らす事となります。

それぞれの事情により違いはあると思いますが、親子といえ、借金の保証人は断わりましょう。いざと言う時に助けたいなら、なおさら断るべきです。

『アパートの保証人』や『就職の身元保証』は別の話です。親が保証するのは世間の常識です。

悲惨な例を数多く見てきましたので書いてみました。では。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.