ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産ブローカー2
景気が良くなってきたかどうかは判りませんが、東京を中心に隣接する県の人気エリアまで物件不足が続いていますね。それに伴い、怪しい連中が冬眠から覚めて、不動産の物件資料を持ち歩いているのでは?

大きな土地を売買契約し、未登記の状態で持ちまわっている業者?がいますね。買主がついて契約したら手付金を受領する・・決済は、中間省略は難しいので、1回目の売買契約にともなう所有権移転と転売の所有権移転登記を同時に申請となる絵図です。

昔なら中間省略で、元の地主と転売先で直接に所有権移転登記したものですが、怪しい契約も多かったので、ある意味で良い傾向です。

土地は動いているのに、景気がイマイチ=転売を装った手付け金詐欺が増えると思います。地上げして買い取ったという契約書のコピー(もちろん偽造)を見せて、「登記はまだだけど、私が買い取ったから、私が売主です。」なんて言って、売買契約の手付金を支払う。

決済期限には決済できずいい訳ばかり・・逃げてないし、所有権移転できないのは「違約」であって「詐欺」では無いと主張する。もちろん、違約も何も、払えないものは払えないと開き直り・・。こんなストーリーかな?

大手系は「手付け預かり」で保全するので、被害にあうのは地場業者ですね。バブル時代には、よくあった話ですが、景気が良かったので、誰も訴えずにいて、怪しい奴らを甘やかした結果、また新たな被害者を生むのです。でも、こんな幼稚な手に引っかかる人もバカですね。でも確実に多くの人がひっかかると思います。お気をつけ下さいませ。

では、良い休日を。

追伸:このブログに関して、ご自分のホームページやブログにリンクしたい方はお好きにリンクして下さい。メール承諾不要です。
HP版不動産業界の歩き方も同様です。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.