ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
最悪の決済
『穴があったら入りたい・・』そんな心境になった事はありませんか?これ以上恥ずかしい事はなく、もう、その場にいる事が苦痛で倒れそうな感じ。今日は、そんな昔話。

昔、勤務先の建売(社有)の残金決済に関して、銀行と抹消金額で揉めた事があり、社長いわく「話し合いは解決した」と言っていたのですが、決済の日に「抹消に応じられない」と連絡がありました・・・。

とりあえず、予定した銀行へ行くと、入口で買主が、「おはようございます。今日は宜しくお願いします。」と笑顔でお迎え・・。(この段階で、胃が痛くなりました。)

中に入り、買主の奥様や司法書士、仲介業者、買主側の銀行担当者の全員が笑顔で応接室のほうへ・・私と社長は、その楽しそうな雰囲気に苦痛を感じています・・・。

応接室にて社長が「皆様、実は先程、当社の銀行担当者から連絡があり、今日は抵当権の抹消書類が間に合わないとの事です。」と言いました。

立ち上がり、怒り出す買主のご主人、泣き出す買主の奥様、さっさと帰る司法書士・・・物凄い雰囲気の中、社長と私で、近日に決済ができる話をし、多少のペナルティは考える事も付け加え、なんとか、その場をしのぎました。仲介業者も凍りついていました。

後日、無事に残金決済・抵当権抹消する事ができました。多少のペナルティは支払いましたが、業界の常識である「2割」とはかけ離れた少額で済みました。

権利証を忘れてドタバタ・・なんて日常茶飯事ですが、この時は「もう、この仕事を辞めようかな・・」なんて考えました。

「仕事の嫌な思い出ベスト5」には入るエピソードでした。それでは、また明日。

追伸:今日はメールが多かったです。文章が短めの返信で御免なさい。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.