ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
高額物件
業者用配布図面を見ていて、ドキッ!とする事があります。見覚えのある間取り・・所在地・・過去に自分が売った家だったりします。景気の良かった時期に高額で取引された家・・売りにでていると言う事は、ローンが払えなくなったのだろうか?・・。その家を案内した時の事を思い出したりします。娘さんがいたな・・とか、マンションを売って頭金にしたんだっけ・・等。そんな事を考えると、なんか悪い事をしたような罪悪を感じます。

不動産仲介の仕事は、必要な時に、必要な人に、必要な物件を仲介する事です。それで完結です。営業マンは、それで業績を評価され収入を得ます。「ローンさえ組めればOK」と考える営業マンは少なくありません。支払っていけるかどうかは顧客の問題で、回収できるかは銀行の問題。仲介人が、そこまで心配する必要はあるのか?・・。

最近は30代の夫婦が高額物件を買う例が多いです。(その金額の内訳は、ほとんど土地代金ですが・・) 勤め先も良く、不安材料は無いようです。でも、そんなに高額物件が欲しいのでしょうか?なぜ中古じゃダメなのでしょうか?・・・この仕事をしていて、いつも、そんな事を考えます。

お金が無限にあれば、高くて良い物件を選択するのも良いですが、勤め先が安定していても、お金を借りて購入するのですから、無理なく、余裕を持って生活できる予算で、それなりの物件を買う事をお勧めしたいのです。

多少の不便がある位で良いのです。便利過ぎれば体が退化します。駅までの長い距離や、マンションの階段も健康に良い場合があります。無理して不便な物件を求める事もないですが、あまり利便性にお金をかけないほうが良いと思うのです。

まぁ、新築限定の顧客に中古住宅を勧めたら嫌われるだけですが・・。自分の意見を顧客に強要する事はしません。意見さえ言わない事が多いです。機嫌を損ねては商売になりませんからね。ただ、無理して買って、後で苦しんでも怨まないで欲しいと思っているだけです。不動産売買の仲介は、優しい面と冷酷な面が必要な仕事です。
ライバル分析
不動産仲介会社は、営業マンの資質に依存しているせいか、会社のHPに営業担当者の顔写真やプロフィール等を掲載している会社が増えています。

私は、同じエリアで競合するライバル会社(支店)のHPは全てPCの「お気に入り」に、フォルダに分けて整理しています。「地場業者」とか「大手系」とか。

物件確認して対応の悪い担当者もHPで顔の確認をしますし、案内等で接点のある場合も、事前にHPで顔写真のチェックをします。たまに社内で、「こいつ、知ってる!」とか、「あー、転勤してきたんだ」とか、「おっ、新人が入ったみたいだぞ」とみんなで楽しんでます。

プロフィール欄に「担当エリア・・」なんて書いてありますので、エリアのライバルもカンタンに分ります。「担当物件リスト」なんて表示されていれば、「この物件、俺も査定したのに、結局、こいつに負けたのか・・」なんて反省材料にもできます。

もう、こうなると個人情報保護なんて営業マンには無いですね。生年月日や血液型、星座、趣味、出身地、好きな食べ物まで書いてる会社は、何考えているのでしょうね。

私も、大手の就職情報サイトに、会社を代表して大きな顔写真を掲載された事がありますが、応募件数がイマイチで、1回だけの登板でした。無駄に実名と顔写真を公開して、恥だけかいたかな?

では、良い休日を。
デロリアン
昔を懐かしむ・・そんな時はありませんか? 現在、町の顔役になった者、刑務所に服役中の者、普通の会社員、そして私。現在は接点の無い4人ですが、同級生です。

昔は同じ町に住み、毎晩のようにビリヤードをして過ごした時期もありました。

ある日、4人で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のビデオを見たのですが、マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が チャック・ベリーの名曲「ジョニー・B.グッド」をギターで演奏するシーンに感動し、「もう1回、見ようぜ!」と、巻き戻して4回も見ました。皆が子供のようでした。目を輝かせて・・。

私にとっても、4人で過ごした時間の中で、この時が一番思い出深く、楽しかったです。その後、自然とバラバラになり、会う事もなくなりました。それぞれの人生です。今では付き合いもない4人ですが、あの日、あの頃は間違いなく「友人」でした。

不動産の営業をしていると、人間不信になる時もあります。お客も業者も社内も、人間関係の全てが「利害関係」で成り立っているように感じるからです。油断をして本音なんか話したら終わり・・。

デロリアンがあったら、あの日に帰ってみたい・・4人で過ごした、あの日へ。
営業のスタンス
不動産の営業をしていて思う事があります。購入意欲のない人達までセールスの対象にすべきか?・・・例えば、全然、不動産に興味のない人に電話して、不動産の魅力を力説し、契約に持ち込む・・これは素晴らしい事なのか?稼ぐ事が第一であり、とにかく契約すれば良いのか?それが出来ない人はダメなのか?

不動産業界でも、無理矢理、強引なセールスをする会社はあります。そして業績の良い者は高収入で有頂天。自分を天才だと思っているでしょう。もちろん会社側は評価しまし、歩合も払います。

不動産の仲介に関しては数字の世界ですので、法を犯さない限りは全てOKという認識の会社が多いですね。「お客様主義!」みたいな事をアピールしてる会社もありますが誰も信じていません。

売りたい人と買いたい人の仲介が基本で、興味がない人達まで強引にセールスの対象にすべきではないと思います。賛否両論でしょうね。利益第一主義の不動産会社は数多くあります。

「必要な人に、必要な時に、必要な物を売る」・・こうありたいものです。需要と供給のバランスもあります。双方が合意で、双方の願いがかなう形が理想です。

私の自宅にもセールスの電話が来ます。(電話帳には載せてませんが)勝手に電話をかけてきて、身勝手な話を続けようとする営業手法に呆れたのですが、本日の記事のきっかけになりましたので、まぁ、良しとします。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.