ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
損して得とれ
『大手の仲介業者が良い物件をドンドン持って来てくれる方法はないか?』なんて考えている地場の社長さんはいますか?コツがありますよ。大手系の仲介営業マンに好かれる方法です。

例えば、建売用地として中古物件を買い取ったりする事があると思います。引渡し条件に「クーラーは撤去する事」となっているのに、置いていってしまった・・。買主としては強い立場でクレームを言えます。あえて言わないほうが得です。むしろ『いいよ、こちらで処分するから。費用?いらないよ。気にしないで。』って感じで、人の良い社長さんを演じて下さい。営業マンは社内で宣伝します。

『いい社長で助かったよ。少々の事は我慢してくれるので、これからも安心して物件を納められるよ』と宣伝してくれます。


逆に、『クーラー?約束は守ってよ!家電は捨て代が高いんだから!冗談じゃないよ。仲介したんだから責任とってよ!』・・これが最悪パターン。もちろん、クーラーは撤去してくれるし、約束は履行されるでしょう。しかし、もう2度と取引は期待できないし、その話は広がります。

『あそこの社長と取引する際は緊張するよ。少しでも弱みを見せたら大変だよ。怖いから、もう2度とゴメンだね。』と言われます。

正しいとか、間違ってるとかの問題では無いのです。大手系の仲介営業マンは安全第一主義です。怒りやすい社長なら永久取引停止です。仲介業者を困らせる事は避けるべきでしょう。牙を見せない事。少々の事は我慢してくれれば、数百万は抜ける物件を末永く持ち込んでくれるでしょう。たかが5~6万程度ですむ経費負担で、かなり宣伝効果はあります。頭の良い社長様にはお勧めです。損して得とれ・・ですね。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.