ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
THE 特約
重説の特約についてパロディ風に記載した事がありますが、リクエストのメールが着ましたので考えてみました。仲介業者しか理解できません。もちろん参考にしないで下さい。ネタです。

□多重債務者が任意売却する際の特約事項例
本契約の売主は多重債務があり、本物件の抵当権者以外にも債務が存在します。本物件引渡しまでの間に、本物件に仮差押や所有権移転仮登記等の権利が発生する場合や、本物件を第三者が占有する場合があります。また、売主の失踪、行方不明、死亡等の事件が発生した場合も含め、売主及び買主は、本契約を白紙解約できるものとします。その際の解約申し出は、親族の代理でも承諾するものとします。

□売主の一人が服役中の特約事項例
本契約の売主である○○○○(共有持分4分の1)は現在、○○刑務所に服役中です。決済までの間に刑の執行(死刑)がされた場合は売主代理人の申し出により白紙解約できるものとします。

□北の動きが緊迫している時の特約事項例
本契約の引渡し期限までの間に、他国による軍事的攻撃や同盟国による近隣国への宣戦布告、または近隣国による日本または同盟国への宣戦布告がされた場合、本契約は白紙解約とします。その期間内に「解約しない旨の覚書」を締結した場合は、この限りではありません。

□日本が他国により侵略・敗戦した場合の特約
本契約の引渡し期限までに、他国による侵略や統治がされた場合、不動産に関する所有権については、社会主義・共産主義等の新制度により取り決める事となります。その場合は、本契約も当然に白紙となります。

□物件が昔、軍事施設だった場合の特約事項例
本物件は、過去に軍事施設(ジュネーブ議定書が禁じた毒ガス兵器の研究開発と毒ガス戦の研究等)だった地域にあり、地域内においてイペリット缶、ルイサイト缶・青酸等が埋設されていた経緯があります。売主及び仲介業者は、その事実を買主に伝え、買主は納得のうえ買い受けるものとします。本物件の引渡し後に、前記の成分を含む缶や、毒物等が検出された際も、瑕疵担保責任による損害賠償の責任はないものとします。

□物件が任侠団体事務所に隣接する場合の特約事項例
本物件の西側に隣接する施設所有者は、株式会社コーザノストラ・エンタープライズ興業となっておりますが、都道府県公安委員会により指定暴力団と認定されている組織の組事務所です。平成○○年○月に、同事務所において、他の指定暴力団のとトラブルから玄関ドアが銃撃された経緯があります。本物件の西側・壁にも被弾した経緯がありますが、補修済みです。売主は買主に、その経緯を伝え、買主は納得のうえ買い受けるものとします。

□魔のカーブや交差点にある家の特約事項例
本物件の隣接する交差点は、交通事故が多く、平成○○年度交通事故多発交差点ワースト1位です。(○○県警察 公式HPより)交差点には遺族等により、「花・お菓子・ぬいぐるみ等のお供え物」が無許可にて放置される事があります。また、事故の際は振動・騒音等の被害があります。平成○○年○月○日午前1時頃、本物件南側のブロック塀にトラックが衝突する事故がありました。運転手が死亡し、ブロック塀は損壊しましたが、既に補修済みです。売主は買主に、その経緯を伝え、買主は納得のうえ買い受けるものとします。

□猟奇的殺人事件現場の特約事項例
本物件建物において、平成○○年○月○日、当時の賃借人である○○○○が、夕食のおかずで夫婦喧嘩となり、妻の○○子を絞殺し、死体をバラバラにして自殺する殺人・死体損壊事件がありました。現在も○○子さんの頭部・左手が発見されておりません。本物件は平成○○年○月に売買契約し、売主の告知義務違反(心理的瑕疵)により解約された経緯があります。売主は買主に、その経緯を伝え、買主は納得のうえ買い受けるものとします。

ビール飲みながら、思いつきで作成しました。では、また明日

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.