ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
査定依頼
今日は査定の話です。査定依頼の電話が来ると「今日は運が良いな」と思います。最大限に気をつかい、親切に適切に対応します。電話をしながら住宅地図を開き、場所を特定しながら、「道路は私道か?方位・駅までの距離・地形・高低差・・」等を予測します。PCでレインズ検索しながら、地図を見ながら会話します。

「先日も違う会社に査定依頼したのですが、対応が悪く、業者買取り以外は難しいと言われました・・」なんて聞くと、社名と担当者を聞きます。私の後輩(他社)だったりします。知り合いでも、後輩でも、勝てるように最大限の努力をします。ビジネスチャンスは逃せません。物件に多少の問題があっても真剣に取り組みます。

しかし、こちらから断るケースもあります。無料査定・・とはいえ、売主が自分で決断できないケース等(子供に相談する・・等)は、売主として法律行為をさせる事にリスクがあり、後からトラブルが発生します。また、売主に誠意がなく、不動産屋を「道具」として見ている場合等は、ハッキリと断るスタンスです。優柔不断な売主や、自分勝手な売主は要注意なのです。

仲介の仕事は、買主や売主に約束を守らせる「強い交渉力」が必要です。顧客を甘やかして下手に出すぎると、問題発生の時に強いリーダーシップで解決の方向に導く事はできません。高飛車な態度の顧客に下手に出て、媒介は締結したが、顧客は、我が侭言い放題・・・となれば時間と経費の無駄になります。

媒介が欲しいから高めに査定する・・よくある話ですが、スタートから嘘をついていて、信頼関係を求めるほうが愚かですね。相手に誠実さを求めるなら、自分も誠実に対応する事を忘れてはいけません。大きい金額を動かすのです。何か問題が発生した時に、一緒に困難を乗り越えていけるパートナーか?顧客と面談した時に判断する必要があります。「この顧客は、何か起きたら大騒ぎになるな・・」なんて時は、やはりトラブルが起きるものです。

我々、不動産売買の仲介営業職は「顧客を選べる仕事」です。しかし、「顧客から選ばれる仕事」でもあります。相思相愛・・・に似ていますね。誠実な営業マンには誠実な顧客が集まります。人間は似た物同士が集まる傾向があるのかも知れません。

私は問題の多い物件を取り扱う事が多いのですが、私に何か問題があるのかな?(笑)では、また明日

追伸:明日は休みなので、来たメールは全て読み、返信します。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.