ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
小説
不動産業界をテーマにした小説は少ないと思いませんか?・・と言う事で、今日は、「不動産業界」をテーマにした「実在しない小説の予告編風ストーリー」を勝手に創作してみます。

「地上げの傭兵」 ハードボイルド&サスペンス
東京の再開発に絡む地上げ計画が暗礁に乗り上げていた・・・表に出る事ができない財閥系グループは、事態の打開策として、ある男に用地買収を依頼した。その男の名は、不動 歩。業界で「地上げの傭兵」と呼ばれる地上げ交渉のスペシャリスト。報酬は10億。交渉相手は、政治団体・広域暴力団・外資系企業・・そして、その裏にはライバル企業グループの影が・・・。非情の世界に生きる男達の命を賭けた戦いが今、始まる。

「地上げの傭兵2」 ポリティカル・サスペンス
日本海側のある町で、土地の買収計画が暗礁に乗り上げていた・・・ある民間企業の依頼で用地買収を請け負う事になった不動 歩。しかし、この買収は防衛庁のミサイル配備計画に関係していたのだった。そして取引を妨害する団体の影には某国の諜報機関がいる事が判明。諜報機関は不動の暗殺を企てるが・・。非情の世界に生きる男達の命を賭けた戦いが、また、始まる。

・・・・と、こんな感じの小説が読みたいのです。誰か作って。(笑)

では、また明日。
宅建試験の準備運動
平成18年度の宅建試験は、平成18年10月15日(日)に実施されます。初めて受験する人に、少しでも役に立ちたいので、私のオリジナル問題を記載します。

【問1】次の記述のうち、正しい記述はあるか?

①・コンプライアンスの語源は、1945年、芸術家の北大路魯山人が創作した料理「昆布の天婦羅とライス」が海外に広まる過程で、発音が変化したものである。現在でもパラオ共和国の首都コロールでは、コンプライアンス・ビッフェが楽しめる事で有名。

②・フラット35とは、消費者金融各社が個人向けの小額貸付を行うサービスの商品名。現金自動貸付機のある店舗やコンビニ等にふらっと寄り、申し込みから融資・カード発行まで35分以内に完了する事から「フラット35」となった。また5万円以内のスピード融資を「チョロット5」と言う。

③・ノンリコースローンとは、ローン返済ができなくなった時に、担保になっている資産以外に債権の取り立てが及ばない非遡及型融資の事。リコースローンとは、融資対象の不動産を担保に取ったうえに追加担保や個人保証を求める遡及型融資。日本では、リコースローンが一般的である。

1・正しい記述はない
2・正しい記述は1つ
3・正しい記述は2つ
4・全て正しい
5・正しい記述はある

・・・・・・・・・・・・真剣に悩んでいる人は落ちます(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.