ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ハウスメーカー
今日はハウスメーカーの営業についての話です。ハウスメーカーもいろいろあります。テレビCMも流してる会社や、商品や材料に特色のある会社、1000万円以下で家が建つ格安建築メーカー等。いつも通り、私個人的感覚で書いてます。

ハウスメーカーの営業手法は、基本的に「住宅展示場」に来場したお客様のフォローが中心です。新聞の折り込みチラシ等の問い合わせも大切ですが、そうした反響客も展示場に来る事になります。営業は、会社と展示場と顧客宅の3ヶ所を動き回る感じです。

住宅展示場は、展示スペースを借りて運営している事が多く、月200万円くらいは払っています。展示場内の合同イベントの企画に協賛金も支払います。土日に来る来場者の多くは「粗品・記念品」目的の人達で、お客様アンケートの記入を条件に「粗品」をプレゼントします。一般の人が思うほどの契約確率は高くないでしょう。

展示場には他のハウスメーカーもありますので必ず競合します。見積りで勝負しますので、最初は基本的な建築費のみで積算し、申込み後、または建築請負契約後に「追加工事」を取る努力をします。私は、この営業手法に嫌悪感がありますが・・。

1組の顧客にセールスする期間(ご契約迄)は長いです。1カ月で決まれば早いほうで、3カ月位は普通です。時間をかけてセールスしたい人に向いています。

逆に短気な人は不動産仲介のほうが向いてます。不動産仲介は、1組の顧客にセールスする期間は短いです。「今週に見た物件を気に入らないなら、来週に違う物件を案内して決める」という感じです。

勤務時間は、不動産仲介よりハウスメーカーの営業職のほうが長いと思います。それは顧客の家に夜、訪問したり、実務的に必要な仕事です。用事がなければ早く帰れるでしょう。

不動産仲介会社の場合は、会社幹部が「営業マンのやる気=深夜残業」と本気で信じてるケースが多く、意味のない残業をしてます。今世紀中に改善して欲しいですね。あと93年あります。

収入に関して・・・固定給は不動産仲介会社よりも高いです。家族手当や住宅手当もあったりします。ただし、歩合に関しては高くはないと思います。報奨金や手当てのような感じ。大手系ならボーナスに影響する程度かも知れませんね。会社によります。歩合率は小さい会社のほうが良いと思います。

ハウスメーカーの営業は「普通の世界」です。それに比べて不動産仲介の営業は、普通ではない感じです。なんと言ったらいいのか、適切な表現ができませんが、ハウスメーカーの営業マンのほうが常識があると言うか紳士です。

ハウスメーカーも不動産仲介も、同じ「家」を扱う職種ですが、仕事内容も生き方も全然違います。就職の段階で、「似たような仕事」と考えてはいけません。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.