ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
仕事ができる人・できない人
最近になって知った事を書きます。

(表示登記について)
建物の保存登記について疑問があり法務局出張所に電話して判ったのですが、コンピューター化する前の建物謄本に記載されてた表示登記欄の所有者氏名・住所は、コンピューター化された際に、移記されてないとの事。でも、コンピューター化されてから申請された建物表示登記欄には、所有者の住所・氏名は記載するとの事です。また、共有者がいる場合は、表示の段階で持分も記載するのは従前と同じです。

(建築の完了検査について)
個別浄化槽が埋設されている場所を車庫にする事が多いですが、通常はコンクリートにしないと完了検査をクリアできません。しかし、アスファルトでも大丈夫な個別浄化槽もあるらしいです。(認可を受けた製品のみ)

不動産業界では常に最新情報を知る必要があります。法規制や金利はドンドン変化します。長い経験だけでは「生きた化石」になってしまいます。新人君のほうが詳しい事だってたくさんあります。必要な知識を必要な時だけ調べて、終わったら忘れちゃう・・しかし、痛い思いをした時に得た知識は忘れません。やはり体で覚えるしかないのですね。

仲の良いローンセンターの担当者が言ってました。いろいろな営業マンと接していて、わからない事はわかるまで追求する営業マンはローン持ち込み件数が多く、そうでないタイプの営業マンは持ち込み案件が少ないとの事。これは「仕事ができる・できない」の判別方法になるのでは?

私は、わからない事は追求して解決するタイプですが、その後に忘れてしまうので苦労します。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.