ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
競合
何年やってても不動産売却の査定は苦労します。競合他社がいるのに正直な話をして「安すぎる!」と嫌われる場合もあります。だからと言って「当社は他社より、すごーーく、高く売る自信があります。」なんて大嘘はつけませんね。

プロとして適切なアドバイスをしたくても、「1円でも高く売りたい!」という気持ちが強すぎる顧客は聞く耳を持ちませんね。大嘘をついた営業が競合他社に勝つシーンは多いです。最終的には相場でしか売れませんので、時間の無駄なのですが・・・。

逆に、競合他社への依頼がない「単独」状態の際、相場より安い価格で媒介を締結する場合もあるでしょう。物件に問題点があれば別ですが、「てっとり早く処理したい」という自分の都合で安く売り出し、後に訴えられた話を聞いた事があります。

競合したから高く査定したり、自社だけだから安く査定するのであれば、不動産のプロとしては失格だと思います。仕事に対する正しいプロ意識を持つ事が必要です。口先では「お客様主義」を語り、契約のためには顧客を騙すような手法は止めましょう。

媒介交渉も、契約交渉も、断られる事を恐れてはいけません。誠実な対応して競合他社に負けるのなら、その顧客と縁がなかったのです。後悔する必要はありません。

「誠実な業者を選ぶ顧客」と「誠実な営業」の組み合わせなら、良い結果が待っているでしょう。

「絶対に高く売りたい顧客」と、「嘘つき営業」の組み合わせは・・・。
compliance
コンプライアンスとは、ご承知のとおり、法律遵守という意味で、企業が法規制・社会的ルールを遵守して企業活動を行うことです。

大手企業は、不祥事や法令違反を防ぐために問題発生時の対応マニュアルの作成したり、遵守のためのガイドラインの作成したりしています。不動産業界でも「コンプライアンス」という言葉は流行っています。仲介会社の場合は「コンプライアンスごっこ」という感じですね。まともに法令遵守しているのは少数です。

急成長している「強引な営業会社」さえ、コンプライアンスなんて言葉を使ってます。これは笑えます。意味解っているのでしょうか?法律遵守だから、法律スレスレはセーフ・・・って意味ではないのですよ。

無理な営業をして苦情の処理も満足にできず、訴えられなければOKという倫理感で、株主向けのコンプライアンスごっこをするのも大変だと思います。本当に法律遵守し、コーポレートガバナンスを実現させるには、今までの営業手法を明日から変えなければなりません。・・無理ですね。だって無理矢理セールスして伸びてきたんですから。

不動産会社の場合、売り上げを減らす事も覚悟の「コンプライアンスプログラム」でなければ、「形だけ・世間向け」になります。

「社員に徹底させる・・」という考えは間違いです。下の者のせいにしている段階で失格なのです。トップが意味を理解さえすれば良いのです。そうすれば経営方針・営業方針の転換となるはずです。営業職の募集内容まで違ってくるでしょう。気合と根性主義の営業方針は、法令違反の近道です。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.