ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
2間道路
建築基準法第42条第1項第3号道路 「基準時から存在していて、幅員が4m以上ある道路」

道路を調べていて、役所から「42条1項3号道路」(既存道路)と言われたとしても、4mあるとは限りません。4mある事が前提で、測ってみると4m無かったりします。逆に42条2項道路(既存道・4m未満で特定行政庁が指定)でもセットバック済みであれば4mあったりします。

現況を測り、3.6m(2間道路)だと、向かい側の土地と20cmずつ後退すれば4mになりますね。現況が3.8mだったりすると、どちらかがセットバック済みか?もともと3.8mで、今後、向かい側の所有者と10cmずつ後退すれば4mになります。道路中心線が判ればカンタンです。

道路の中心線から2m後退・・と言っても、中心線が不明の場合もあります。道路中心ラインに境界標でも設置してあれば判り易いのですが、そうでないケースが多く、いろいろな方向から測って予想します。

測量士に依頼すれば早いのですが、売り出す事も決まっていない「価格査定」の段階で、お金を使う人も少ないのです。自分達で測るのは、物件の有効宅地面積を予想するためであり、売買をする際はキチンと測量する事をお勧めします。

題名が、「2間道路」なのに、まるっきり「既存道路」の話になってしまいました。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.