ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ふらんちゃいず
フランチャイズ系の不動産会社からの物件確認には、一瞬、考えてから返答しています。会社により対応を変える必要があるからです。レインズに登録しているのですから隠す意図はありません。しかし、一部の強引な営業手法の会社がフランチャイズに加盟して、やりたい放題やってますので迷惑なのです。

問題があり、安い物件・・に案内を入れては、結果も報告せず・・ただのオトリ物件扱いです。本命で成約に持ち込んでいるのでしょう。便利に利用されているだけなら、案内立会いも時間の無駄となります・・だから物件確認の段階で断る・・・合理的な対応です。

私の場合、売主から媒介締結時に、「共同仲介業者の選定および排除に関する権限」を口頭にて委任いただいております。レインズに載せたからと言って、悪質な業者にまで紹介しなくても、成約する自信はありますので・・・。

案内しても結果は告げず・・・鍵は約束の時間に戻さない・・・断りも無く、チラシ掲載する・・・この対応で、まともに相手をしてもらおうと考える人の脳は、正常に機能しているとは考えにくいのですが、何か悪い薬でもやっているのでしょうか?一度、大手系の支店のブラックリスト(エリア内の危険な会社・要注意リスト)に内定すると物件確認も広告掲載も全てシャットアウトです。

「コンプライアンスはフランス料理?」位の認識の人達が、契約書式と店舗の内外装だけ「大手の雰囲気」でも、会社によっては営業手法が強引ですので、トラブルが起きる事も予想できます。何かトラブルがあっても、フランチャイズ本部は、「加盟店は全て独立・自営です。」で終りだと思います。

真面目なフランチャイズ加盟店も多数あると思いますが、多くの大手系列会社からは敬遠されているという事は認識したほうが良いでしょう。敵対する事を望んではいないのです。ただ・・不動産取引に関する慎重さのレベルに差があるため、共同の仲介責任を負いたくないだけなのです。

単独で勝手にトラブルを起してくれるのは問題ないのですが、巻き込まれたくないのです。コンプライアンスの観点から取引を避けているのです。お許しを・・。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.