ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
見栄
昔、支店の責任者をしていた時に、賃貸顧客の接客も数多くしました。その時に気がついたのですが、40代~50代の人は賃貸を借りる事に恥ずかしさがあるようで、いろいろ見栄をはります。

例えば・・・
「私は長男で、田舎に家があるんですよ。家は2つもいらないので、賃貸を探しているのですが・・・」

「実は家を買おうと思っていた時期もあるのですが、よーく考えたら、お金で持ってたほうが良いかな?なんて思って・・」

「家も買いたいのですが、転勤の可能性もありまして、買ったら転勤・・なんて多いので、とりあえず賃貸を探してます。」

・・・等、いろいろです。「なぜ賃貸なのですか?」なんて一度も聞いた事は無いのですが、勝手に自分から話します。

「お金は、ある!バカにしないで欲しい!」という雰囲気をバリバリだしてる人も多かったですね。このタイプは滞納します。

「お金はあるんだが、急いで探している。寝泊りする程度なので、安い部屋でいいんですよ。自宅は別にありますので・・」・・こんなのは、だいたい離婚。で、調べると無職だったりします。

嘘をつく顧客は、売買の10倍は多いですね。もっとかな? ベテランになってくると、もう顧客の雰囲気で選別可能ですね。ヤバイ客は雰囲気が違うのです。何かを誤魔化そうとして変な感じがするのです。

ちなみに「金はある」と言う客は、だいたい金が無いです。金を持ってる人は、それなりの美学もあり、「私はお金がある人間です。」と初対面の人に言いません。

賃貸は良い勉強になりました。私は、もうやる気がありませんけど。売買に、ドップリ浸かってますので。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.