ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
遺産分割劇場
相続による売却相談は不動産仲介業者にとっては最高のビジネスチャンスです。そもそも低額物件なら相続税すら発生しませんので、高額物件が多いのです。

売却相談の時期は、「遺産分割協議の前」が多いです。例えば、長男が住む被相続人名義の家を長男が相続するには、兄弟に相応の金銭を支払わなければなりません。しかし、お金が無ければ家を売って兄弟で分けるしかありません。「売るとすると、いくら位かな?」と、不動産業者に相談するのです。

昔のように「家は長男が相続する。他の兄弟は相続放棄するように。」なんて親が教育していた時代ではありません。「兄貴ばっかり得してズルイ」となります。親が亡くなった後は、他の兄弟も黙ってはいませんね。

妹や姉にはご主人がいますし、次男にも嫁がいます。それぞれが得をしたいのですから、平等でない相続は拒否するパターンです。遺産分割協議の合意に長い年月がかかる事もあります。

昔の話ですが、故人の「前妻の子供達」VS「後妻と、その子供達」で合計10人の相続人から売却依頼を受けた事がありますが、全員が集まると、早速、怒鳴りあいに・・。

私は、「あの~、すみませんが、私には無理です。」と言ったのですが、「そんな事言わず、相談に乗って下さい。」と前妻の子供が言い、その発言を聞いた後妻が、「あんた達が、ひっかきまわしてるんでしょ!」と言うので、また修羅場に・・。

私は大勢が怒鳴りあう中で、(今日の夕飯は寿司でも食うか・・)なんて考えながら事態が収拾するのを待った記憶があります。

相続人が紛争している姿を、故人にも見せてみたいものです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.