ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
綺麗な人
人を殺した事はありますか?今日は、そんな話です。

ある営業マンの話です。199×年・・閑静な住宅街で建売住宅が売り出されました。建築確認後、まだ着工したばかりでしたので、多少は顧客の要望を取り入れる事が可能でした。良い物件でしたので、買主はすぐ見つかりました。

購入した顧客の家族には、とても綺麗なお嬢様がいました。担当した営業マンは、内装の打ち合せ等で顧客の家に通う日々が続きました。綺麗なお嬢様は彼に好感を持っているようでした。しかし、担当営業マンは、その気持ちを知っても、「顧客」として接する以上の事はありませんでした。

しかし、お嬢様の気持ちは次第に大きくなり、会社に電話したり、訪問の際には個人的な事について質問攻めにしたりと、家族も困惑する事態となってしまいました。ある日、担当営業マンは予想外の事実を知る事となります。

お嬢様は「心の病気」で入退院を繰り返していたのです。世間から隔離され普通の出会いさえ無い日々を過ごしていたのです。そんな中、若い担当営業マンが自宅に訪問するのですから、貴重な「出会い」だったのかもしれません。そんな事とは知らずに、担当営業マンは、ただ「綺麗な人だな・・」と思っていたのです。

担当営業マンのビジネスと割り切った対応は、お嬢様の感情を好意から怒りに変え、会社には無言電話の嵐・・・。本人が電話に出た時は、泣いて交際を迫る始末・・。担当営業マンは、ご家族と話をして、担当専門医のアドバイス通りの対応をしました。

「事務的に冷たく対応せよ」との指導でした。泣き叫ぶ相手に事務的な対応をするのは心苦しく、とても辛い事でした。少なくとも自分に好意を持っている人が相手なのですから。

引渡し後、お嬢様が「心の病気」で再入院したとの話を聞きました。担当営業マンは、「自分に何らかの責任があるのだろうか・・」と悩み、眠れぬ日々を送りました。

半年後、お嬢様は他界されました。

ご家族に言われた最後の言葉は、生涯忘れる事は無いでしょう。

「あなたに出会って、心の底から後悔しています。」
私のルール
このブログは私の定めたルールがあります。今日は、そんな話。

1・記事に個人名・法人名を載せない。(個人情報保護)
2・個人を特定できる表現もしない。(個人情報保護)
3・現在、在職している会社のエピソードは避ける。(保身のため)

そして私の個人情報も守る事・・例えば、役所の事を「区役所」や「市役所」とは書きません。チラシの投函も「ポスティング、投函、宅配、投げ込み」等、会社により違いがありますので、テキトウに使ってます。デスノートの「L」みたいな人もいますからね。

不動産仲介の専門職は、全国で1万人以上いると思いますが、私はその中の一人です。(笑)気が向いたら実名を記載します。デメリットも予想できますが、メリットもあるはず。

定期的に「不動産業界の歩き方」というキーワード検索を行い、他のサイト・ブログ・掲示板等にリンクや書き込みがあるかチェックしています。でも何かするわけではありません。ただ認知するだけです。このブログはリンクフリーですので、リンクする人の自由です。

ブログ更新は23時過ぎに開始して、更新時間は0時位を目安としています。ビールを飲みながら書いてますので、誤字は多いと思います。(笑)飲まないで書いていると、なんか仕事みたいでしょ?

このテンプレートは文字間隔が狭く、ひらがなの単語が連続すると読みにくいため、「、」をたくさん使ってます。文法上、間違った使い方でも無視して使います。見やすさを優先してます。

メールも今までに数百通いただいてますが、全て返信しています。就職相談が6割、同業者からの激励が3割、デートの誘いは・・・・無くて、一般の人からの質問が1割です。ちなみに「就職相談」のメールを頂いても、個別の企業名に関してコメントしません。

検索エンジンのサイト評価基準が変ったようです。SEOには詳しくないのですが、広告とBGMを削除しました。シンプル過ぎるのでブログランキングは残しました。

今日現在・・・
ブログランキング ドット ネットの「不動産カテゴリー」1位
ブログの殿堂の「不動産ブログランキング」1位
・・です。ありがとう。
予感
建売用地の売れ行きが停滞しているような気がします。今年の秋までは業者が競って高値買いしていたのが嘘のようです。

これは地方により差があるとは思います。マンションの販売は先送りの様子で、仲介は過去最高の増収・・という感じ。うーん・・。マンション用地に関しては、今でもピラニアのように業者が競っています。入札形式で、かなり高値で取引されている最中でしょうね。

でも、悪い予感がします。来年は用地バブル崩壊が来るのかな?そうなれば、勢いだけで上場した会社や、先行きを楽観視して巨額の借り入れをした会社はアウトですね。バブル崩壊は「コロンブスの卵」でした。過ぎてしまえば、誰でも理解できる崩壊だったのですが、崩壊前は誰もが予想できませんでした。不思議です。

今回も前回同様に、銀行が手の平を返して裏切る形で幕引きとなります。銀行担当者が「絶対に大丈夫です。」と言いながら、突然、「すみません、融資できません。」なんて事になったら終了という事です。格安建売業者の不渡り情報も、嘘か?本当か?世間話にでてきます。では今後、何をすれば良いのか?・・私にも解りません。中古住宅は売れるのか?都心のマンションだけは完売するのか?

不動産市場を語る者は大勢います。学者もいれば、人気コンサルティング会社もいます。みんなが恥をかきたくないスタンスなので、大胆な発言はしないでしょう。しかし、私は言わせて頂きます。外れてもリスクありませんから。

格安建売業者は全て倒産。それを買った人も売り出す時には半値。マンションは都心の人気エリアだけが完売。昭和40年代のマンションは、車の新車以下・・ワンルームの家賃は首都圏で2万円平均。大手仲介会社は地方の支店閉鎖。不動産ファンドも大打撃で倒産ラッシュ。ハウスメーカーの展示場も半数に。

そして外資系が不動産業界に参入。新たなフランチャイズが続々登場!・・・フランチャイズ加盟料の低額化で急速にシェア拡大。爺さん婆さんの会社まで加盟店に・・そのうち仲介の双方代理を禁止する法案可決

中古市場の半数がネットオークションで成約・・ネットオークションの手軽さから仲介手数料減額の傾向・・営業職の収入が激減のため、男性営業職が減り、女性営業職が増える・・・いろいろな事が複合的に絡み合い、予想不能の方向へ・・・。

暗すぎる・・。でも、年末年始だけは平穏に過ごしたいですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.