ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
孤独な社長様
私も不動産業界で長く営業をしておりますので、いろいろな不動産会社の社長を知っておりますが、所詮は「使う者」と「使われる者」という壁がありますので、理解できない事は数多くあります。

ある社長は、年末年始休暇や夏季休暇の日程を言わない人でした。社員に最も嫌われるタイプです。「給料分も働いていないくせに休みなんかやるもんか!」という考えなのか?ギリギリまで発表しません。

当日の昼過ぎに、「休みの件だが、今日からにする」なんて言い出すのです。(えっ!今日って、もう出勤してるのに・・)て社員は思うでしょうね。社長は、休日に数時間働かせた事で得をした気分なのでしょう。

また、ある社長様は、鉛筆を最後まで使います。超短くなるとセロテープで他の鉛筆等とジョイントして使用します。税金を数千万も支払った時は、「最初から判っていれば、経費を使ったのに・・税理士の野郎!・・」と、愚痴をこぼしてました。そりゃそうです。鉛筆なんか経費で、いくらでも買えたはずですからね。

被害妄想の強い社長様もいます。社員は外出すると絶対にサボっているし、社長の悪口を言っているに決まっている!と考えているのです。家にいる時も「あの社員だけは許せない!絶対に明日の朝、怒鳴り散らしてやる!」なんて覚悟を決めて出社する事もあるみたいです。

そのような日は社員が一人は辞める事となります。ちなみに、その会社の社員の平均在職期間は1カ月以下です。数年勤めた人もいますが、1日で辞める人が多すぎるので、平均が短くなります。

給料を払う側の人間になれば、サボってる社員を殺したい気持ちになるかも知れませんし、毎日のように発生する経費をもったいないと考える事も、生意気な社員を解雇したい事もあるでしょうね。いろいろな経営者に出会い、学ぶ事も多いですが、軽蔑する事も多いです。

「経営者にはなりたくないな・・」と私は思っています。気軽に歩合で生きていくほうが、私の性格には合っているからです。私は大物にはなれません。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.