ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
月末主義の功罪
大手系列の仲介会社は、私の知る限りで「月末主義」です。案件は月内に契約努力する主義です。営業職として目標に対して「期限」が必要なのは理解できますね。しかし、現実問題として、かなり無理のある営業手法をしているのです。

そもそも、責任者は、その上の責任者に報告する事で給料が支給されているの都合上、「今週はどうだ!」とか、「月内に数字にできるのか!」等の会話を幹部同士で楽しんでいる傾向があります。仕事をしている気分になるからでしょう。

その波及効果で、「何がなんでも月内に契約しろ!」と命令され、少し時間をかければ成約する案件を潰している営業職は無数にいると思います。バカな話です。このような会社を私は「バカ会社」と呼んでいます。顧客も営業職も成約に向けて進んでいるのに、責任者達の会社ゴッコの犠牲となるのですからね。

顧客も大迷惑です。気に入った物件が見つかり、ある程度の時間で「契約の意思」を固める事ができるのに、「早く契約して下さい」とあおられ、不信感が生まれて契約を見送る事になるのですから。現在の私は、超マジメな会社に勤務していますので、そのような苦労はしませんが、過去には月末主義の苦労をしてきました。

月末主義の会社が、「お客様主義」とか「コンプライアンス」なんて言葉を使っているのなら、公取に取り締まって欲しいものです。大手系列会社の半数は、そのような会社だと私は思っています。

週末主義の地場よりはよいのかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.