ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
朝一番の電話
『決めました!買います。物件を押さえて下さい』・・案内中に、顧客がこんなセリフを言ったら要注意です。

物件の問合せ(反響)後、即日に案内して、その場で購入したいというパターンは、キャンセル率が高いのです。決断の時は前向きに盛り上がるのですが、時間が経過すると不安になったりするタイプが多いのです。

よく考えないで決断する人は、帰宅後に不安になり、親族や知り合いに相談したりします。そして相談を受けた人は高確率で反対します。そんなものです。

その場で即答する顧客には注意しないと仲介営業マンは苦労します。売主に指値交渉をしたり、ローンの心配したり、重説の作成に突入したり、いろいろ動いてからでは傷が深いですからね。

地場業者が、土日に無理矢理クロージングした客のキャンセルは、この話とは関係ありません。そんなのはキャンセルになって当然です。翌日の朝一番に、恐怖の電話がかかってきます。

『あの~、すみません、昨日申し込みした者ですが、じつは~・・・よく考えたら・・・昨日、あれから家族と話をしたんですが・・・』なんてね。そんな時は何を言っても無駄です。さっさと終わらせて次の仕事をしたほうが良いです。

会社の営業方針も関係すると思いますが、無理のない、落ち着いた営業をしたいものです。購入希望者には、『よくお考えになってからで良いのですよ。ご家族とも話し合ってみて下さい。』・・なんて感じが理想ですね。

『土日の案内アポは取れたのかー!!』なんて怒鳴り声の聞こえる会社には無理な話ですね。そんな会社の社員さまは、今回の話は忘れて下さい。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.