ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産業界もバレンタイン
不動産業界にもバレンタインデーはあります。新築マンションの受託販売は女性が多いので、さぞかし義理チョコが多いでしょうね。

仲介営業の場合は、大手でも7~8人の店で事務員さんが一人、賃貸やってればプラス1人くらいですので、義理チョコとは言え、女性は数千円の出費かな?(笑)今年は水曜日でよかったね(笑)

不動産業界は男女のトラブルが多い業界です。不倫なんか普通の恋愛と同じ感覚の人ばかりです。おおらかと言うか、度胸があるというか、ちょっと熱くなると深い仲になっちゃう人ばかり見てきました。まぁ、人の事を言える立場でもありませんが・・。

不動産会社の事務員さんは営業マンと結婚するのが普通ですし、たまたま事務員さんが人妻でも、不倫して当たり前の感覚です。道徳的に間違っているかも知れませんが、私の20年間見てきた正直な感想です。

ところで、バレンタインという事で、日頃このブログを見ている女性の人はメールくらい下さいな。チョコの代わりに(笑)
お客様は旧車會
ずいぶん前の話です。不動産売買の仕事をしていて、いろいろな顧客との出会いがありましたが、旧車會の人と会ったのは初めてでした。

顧客宅のリビングに入ると、壁には数多くのステッカーが額縁に入れて飾ってありました。CRS連合・アーリーキャッツ・ルート20・スペクター・ブラックエンペラー・一寸法師・キラー連合・・・。

ステッカー以外にも「特攻!」や「憂国烈士」等の文字があちこちに・・。「息子さんは元気なタイプですね。」と言うと、「いや、私が好きなんです。」との事。初孫がいても良い年齢なのですが・・。

今も現役で「旧車會」として走っているらしいのです。撮影会なるイベントに参加しているとも言ってました。単車も拝見しました。タイムトラベルしてきたような「防風カウル付・特注3段シート・集合マフラー・5連ホーン」仕様でした。車種は秘密にしときます。

いろいろな顧客と出会いましたが、この人は最も信頼できる顧客でした。人は見かけでは判りませんね。取引は無事終わり、その後はお会いしておりませんが、元気に過ごされていると思います。
鏡のように
我々営業職にとって、「相手に合わせる事」は基本です。例えば、細かい顧客には細かさが求められますし、短気な顧客には敏速な対応をしなければなりません。

その時だけで良いのです。出会ってから取引が終わるまでの期間は、顧客の気性・性格を理解した接客をするとよいですね。

もちろん、何もかも合わせる必要はありませんよ。ビシッ・・と自分の意見は言い、こちらのルールに合わせてもらう事も重要です。不動産取引のルールは曲げられませんからね。

社内でも同じです。上司に合わせ、同僚に合わせる事もありますし、自分の意見を曲げない事もあります。臨機応変ですが、「合わせるべきか?合わせないべきか?」は意識しましょう。

私は、酒の誘いは断りません。挨拶のできない人間には挨拶しません。いい人・・悪い人・・利口・・バカ・・全て相手に合わせてます。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.