ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
老朽化マンションの未来
マンションにも「誕生」から「死」があります。「新築時」から「取り壊し」までの期間です。今日は深刻な「未来の老朽化マンション」の話です。

人気エリアのマンションは、それなりの価格を維持しますので問題ありませんが、不人気エリアのマンションは、中古市場での流通が停滞し、結果的に大幅値下げをします。購入する人は低所得者となり、その結果、古いアパートと大差ない雰囲気となります。

お住まいの主婦達も、キレイなマダムは逃げていき、ジャージに金髪のヤンキーママの数が多くなります。子供達もお受験組より悪ガキ君の数が多くなります。当然の流れで、管理費滞納、競売、夜逃げも発生し、維持管理にも支障がでてきます。

そして未来にはスラム化します。査定額が数百万のマンションなのに、区分所有者が各自1000万以上の負担を強いられる「建替え決議」なんか成立するわけありません。所有しているだけで債務を負いますので、所有権を放棄する者も続出します。ホームレスが勝手に住むようになり、ゴーストタウン化します。そして、全国のスラム化したマンションが犯罪の温床になり、社会問題化します。

事態を重く見た政府は、有識者会議「全国スラム化マンション対策会議」(議長 内閣総理大臣)を発足。その後、国会で「区分所有法改正案の可決・マンション管理適正化法改正案の可決」および新法「スラム化マンション緊急収用法の制定」がされ、制定後15年以内に全てのスラム化マンションが収用される事となります。

・・というのが私の予想です。もちろん酒飲みながら書いてますので、信じないように。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.