ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
社内分かれ
物件担当者が他社と「分かれ」で契約するのと、社内で同僚と「社内分かれ」で契約するのでは、いろいろな違いがでます。会社としては、社内分かれ=社内両手が理想的ですね。

担当者が一人で「両手」だろうが、担当者が二人いて「社内分かれ」だろうが、売り・買いの両方の手数料が会社に入る「社内両手」は望ましいですね。

しかし、仲介営業職は「社内分かれ」を嫌います。何故なら、売担当・買担当が同じ会社ですので遠慮なく交渉をします。それで上手くいかないと喧嘩になるのです。他社となら冷静に仕事を分担できるのですが・・。

例えば・・
客付担当社員 「100万指値で買い付け取ってきていい?」
物件担当社員 「ふざけんなよ。この前、下げたばっかりだよ」
とか・・・
客付担当社員 「その物件さ~、少しリフォームとかできない?」
物件担当社員 「現況渡しで瑕疵担保免責に決まってるだろ!」
・・・なんて感じです。

契約してから・・
客付担当社員 「ローン難しそうなんで、白紙解約かも・・」
物件担当社員 「テメェ!ふざけるなよ!殺すぞ!」
・・・なんて事も地場業者なら珍しくないでしょう。

売担当と買担当では、買担当に歩合比率を多くする会社もあります。売担当は他社に客付けされたほうが歩合が高くなるので、社内の仲間には自分の担当物件を紹介しなくなります。結果的に会社に入る手数料が半減します。実務を熟知していれば、ありえない制度なのです。算数もできない役員は実在するようですね。(笑)

不動産仲介はトラブルの絶えない職業です。社内は味方、社外は敵・・というのも問題ですが、せめて社内では円滑な人間関係を継続したいなら、「社内分かれ」は避けるのも一つの方法ではあります。賛否両論ですが・・。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.