ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
価値の無い物件
不動産売買の仲介という仕事をしていると、タダ(無料)でもいらない不動産に出会います。今日は、そんな話。

(崖の上の古家)
20mはある崖の上に建つ古家でした。古家は傾斜していて窓枠が壊れてました。閉まらない窓や開かない窓があります。平坦地でも800万円程度の物件です。擁壁工事代は確実に1000万円を超えます。査定価格はマイナス200万円です。無料でもらっても200万円は損をします。ちなみに賃貸にするにはリフォーム代が最低でも500万円は必要です。急坂で・・車庫無しの・・窓が閉まらない・・傾いた家を借りる人がいれば貸す方法もあります。

(たんなる崖)
崖の斜めの部分だけ所有している人がいました。擁壁工事代は、やはり1000万円は必要な高低差がありました。平坦地で1000万円弱の評価ですので査定価格は差し引きで0円以下です。命綱で下りながら花壇として利用する人以外は価値のない土地です。

(穴)
公道から間口2mの路地状敷地。敷地延長部分(通路)は階段です。有効宅地部分は敷地延長部分より1.5m低く、階段がないので降りる事ができません。評価不能。家庭菜園として利用できそうですが、固定資産税を払う事を考えると借りるほうが安いです。

(地方の格安分譲地)
昔、原野商法の悪徳セールスに騙されて購入したのであろう分譲地・・売買事例を調べても成約事例が登録されてません。売物件はありますが、総額100万円とか200万円とか・・。これをタダ(無料)でもらったとしても、利用価値がありません。海が近いわけでもなく、山が近いわけでもなく、良いところなし。固定資産税を払う事を考えると、負の財産です。

(中古のリゾートマンション)
総額100万とか200万の安い物件があります。しかし管理費が月額7万円だったりします。共有のリゾート施設(プール等)の維持管理費が高額だからです。たとえ無料でもらっても月々7万円を払う義務を負います。賃貸なら解約すれば終わりですが、所有していると、名義人である期間は支払い続けなければなりません。私なら「現金200万円差し上げるから物件を引き取って!」と言われても断ります。

どんな不動産でも財産価値がある・・というわけではありません。必要で利用価値のある不動産だけが財産と呼べるのです。今後は無料でもいらない物件が増えるような気がします。ちなみに・・不要だからといって誰かに贈与すれば、贈与税がかかります。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.