ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
正社員
就職活動をする人の多くが「正社員」になる事を希望していると思います。しかし・・不動産業界で営業職を希望するなら、正社員という言葉に、たいした意味がないという事を理解しましょう。

正社員=福利厚生・退職金・安定・・というイメージですが、それは終身雇用でなければ意味がないのです。社員10人程度の不動産会社で正社員になっても、社会保険や厚生年金は完備してない事が多く、個人で国保や国民年金に加入するのが常識です。

地場業者に就職するのなら、その程度の覚悟は必要です。「今、稼ぐ!」という事が、会社と社員の共通する目的なのです。それ以外の意味など何もありません。

3ヶ月位で人が辞めていく会社の正社員より、大きい会社の契約社員のほうが安定してたりします。不動産の営業職を目指すなら、正社員という言葉に惑わされず、「収入・勤務地」で判断したほうが良いと思います。

就職や転職をする時は、どうしても会社全体を見てしまいますが、長続きするかどうかは、上司の人柄や、職場環境が深く関係してきます。雇用条件が良くても長続きするとは限りません。どんな環境でも生きていける能力を身につけないと運・不運に左右される事となります。

アメリカ映画のワンシーンのように、「お前は今日でクビだ!」と上司に言われる事は少ないでしょう。日本の法律は社員の味方です。でも権利の主張ばかり一人前の人が多いのは、その法律のせいでもあります。

遠くない未来に、日本でも「突然の解雇」が可能になるかもしれませんよ。会社を選ぶ立場か?会社に選ばれる立場になるかは自分次第です。正社員という幻想に惑わされず、実力で業界を渡り歩くのが不動産の営業です。怖いですか?

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.