ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
越境
土地の売却を依頼された時は、とりあえず境界石や測量図の有無は確認するようにしています。測量図に関しては、あまり古いと参考程度にしかなりません。測量・・というと、「何坪あるのか?」という発想になりますが、面積よりも越境が気になります。

越境とは・・・こちら側の土地に隣接地の物(ブロック塀やフェンス、その他)がはみ出していたり、また、その逆で、こちら側の物が隣接地にはみ出していたりする事です。これは測量して境界ラインを確定しないと判らない事が多いのです。

土地売買の際に、「測量は買主側でやりますよ。」と言われて安心していると、後日に近隣との越境トラブルが表面化してビックリ・・なんて事もあり得るのです。境界ラインが想像と違えば、当然ですが、越境問題が発生します。

ブロックとか大谷石とか、フェンス・植木・門柱・その他いろいろ。お隣との境界ラインに置いてある植木鉢でさえ、少しズレれば「越境」です。思っていた境界ラインに間違いがあれば、ギリギリに設置してあった物は全て「他人の敷地にはみ出していた」か、「はみ出されていた」という事になります。

土地売買を「現況売買で土地の実測清算なし」という条件にしても、越境トラブルに関して逃げられるわけではありません。越境問題を事前にハッキリさせるのは、結局、境界ラインを確定させなければならないのです。

「確かブロックの中心が境界ラインだと記憶してます」と売主が言っていても、近隣に聞くと違う答えが返ってくる事があります。売主による境界の明示義務は、売主の記憶力に依存しているのです。お年寄りに数十年前の記憶を思い出させて、どれだけの信憑性があるのでしょうか?

測量は「越境問題をハッキリさせるため」に有効なのです。土地の坪数が少々減っても増えても、金で解決しますが、他人の家の一部が越境していたら、カンタンに壊すわけにはいきませんよね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.