ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
売主の手取り
不動産売買の仲介をしていると、売主から、「売却したら、手取りでいくら位になりますか?」と聞かれる事があります。即答するバカな営業もいるのかな?

不動産を売る場合、とりあえず売買代金から、仲介手数料・・抵当権抹消費用・・ローン一括返済・・その他の売主が負担の経費を差し引き、「手取り」と表現する場合もあるでしょう。その場合は、『取引終了の時点で手元に残ると予想できるお金』と前置きしましょう。

その後、不動産譲渡所得税が発生する場合があるからです。これが怖いのです。居住用財産の3000万円特別控除は、使えると簡単に判断しないほうが良いです。たとえ自宅だった不動産でも、引っ越して3年経過後の年末を越えていたら居住用財産と認められません。

原則、建物を壊して土地売買となればアウト・・例外で1年以内ならセーフでも、1年経過たらアウト・・壊して1年以内でも更地にして月極め駐車場にしていたらアウト・・。

税金は個別のケースにより違いがある事を説明しましょう。取得費や所有期間、その他、いろいろな事が関係してくるのです。営業マンが考える「手取り」と顧客が考える「手取り」の定義が違えば、勘違いが発生します。

売主は売却で得たお金で家を買い替えをしたり、お金を返済したりと、それぞれ売却理由があるのです。手取りの金額により目的が達成できない場合があります。それが勘違いや説明不足なら大問題になる事も予想できます。

顧客が「手取り」と言い出したら、緊張して対応したほうが良いでしょう。媒介契約欲しさに甘い話をすると怪我をしますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.