ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
媒介期限
家を売りたい人と専任媒介契約を締結すれば、とりあえず3ヶ月は安心ですね。しかし、アッ!・・という間に3ヶ月の期限が来ます。

良い物件で価格も相場なら3ヶ月以内に成約します。しかし、競合他社を意識して高めに受けたりすると長引きます。そして更新時期が来ると・・・顧客は、「最初は良い話ばかりだったが、イマイチ動きが悪いな・・」と思うのでは?逆に業者は、「値下げが難しいなら、更新も無意味だな・・」なんて思いますよね。

時間に余裕のある売主なら、1回や2回の更新(期間延長)には合意しますが、買い替え等の理由がある売主には焦りがあります。「高いから売れない」と思うのなら値下げをしますが、「不動産業者の努力不足」と思われたら媒介更新は拒絶されます。

その影にはライバル(同業他社)がいたりします。更新の交渉をするために売主の自宅へ訪問すると、机の上に「FAX査定」や「求む!売物件」のチラシが置いてあったり、電話のところに同業他社の名刺が置いてあったりすれば覚悟すべきです。

更新手続きを最優先で考えて、値下げ交渉を諦めるべきか?・・それとも自信を持って、強い意志で値下げ交渉に臨むか?・・決断しなければなりません。同業他社は、「当社には今すぐ案内できるお客様がいますよ。」と言っている事でしょう。

帰社後、上司に「どうだった?」と聞かれ、「更新は拒絶されました。他社に切り替えるようです。」と報告するのを避けたいのなら、無理な交渉はしないほうが得なのかな?相場より高い価格なら広告宣伝費の無駄ですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.