ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
見えにくい現実
最近、銀行担当者やローンセンターの人が来る頻度が減ったように感じます。銀行内で何らかの通達でもあったのかな?建売屋は「値下げしましたので、よろしく・・」と頼んでもいない図面を大量にFAXしてきます。その頻度が増えてますね。エリアにより違いはありますが、建売も中古も動きは鈍いと思います。

業界の情報誌は景気の良い事ばかり書いてあります。マスコミは決算ごとの「過去の数字」を発表しているだけですので、「各社とも最高の業績!」みたいな事を書いています。現実の冷え込みを知っていたとしても、広告主(不動産業者)の望まない記事を書けるはずもなく、現実とズレた記事となります。

不動産仲介の営業は、毎日リアルタイムで業界の雰囲気や売れ行きを見ています。最近の広告反響の少なさは、チラシ作成技術の優劣が原因ではありません。全般的に問合せが少ないのです。同業他社は皆同じだと思います。まぁ、見栄もあるでしょうから、同業者が聞いて、正直に答えるかどうかは別ですけどね。

冷え込んだ市場なのに金利でも上がれば、より冷え込みますね。勝ち組はタワーマンションだけかな?それも今だけのような気もしますけどね。人口減少・・高齢化社会・・年金問題による不安感・・マイナス要因は探さなくても目の前にあります。

景気がどうなろうと不動産業界で生きていくつもりですが、煙草代やビール代を節約するレベルまでは落ちたくないですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.