ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
自信過剰2
不動産業界の役職は、あまり価値がありません。世間でいう「課長」は、それなりの立場ですが、地場業者では新人が課長からスタートする場合もあります。課員なんていません。顧客にハッタリがきくように役職を就けるだけです。業績が悪ければ数ヶ月後には職安通いの日々となります。

大手系列の不動産会社も似たようなものです。会社により違いはありますが、半年~1年ごとの業績で役職が上下するシステムは珍しくありません。主任→課長→主任・・なんて繰り返してる人もいます。バカ会社の典型的な例です。コロコロ変る役職は子供のゲームを連想させます。取引相手から笑われますね。

急成長企業も役職を餌に叱咤激励・信賞必罰で営業のケツを叩いていると思いますが、役職についたからと言って自惚れないほうが良いですね。今の立場など、ちょっとした運命の悪戯で崩れ去ります。急成長企業の倒産など珍しくありません。転職すればトイレ掃除からやり直しです。過去の栄光は役にたちません。

「今、成功している実感」に酔いしれるのは自由ですが、それは今だけの事。人を使いこなす能力など企業では必要としていないのです。自分を使いこなす事、自分で業績を上げる事こそが、この世界で唯一の評価基準なのです。

中途半端な役職で自分を見失いそうな人に警告を促すためのアドバイスでした。しかし、何を言っても無駄かな。この業界で反省した人を見た事がありませんので。この業界は、「自分の考えが一番正しい」と思う人の集まりだからです。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.