ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
酷い分譲
『これは安いな・・』と思った物件の資料をFAXしてもらうと、敷地延長で有効宅地部分が三角形だったりします。そして、送られてきたばかりの物件資料はゴミ箱行きです。

ケーキやピザなら好きなように切っても食べてしまえば後の問題はありませんが、土地の分譲は問題が残ります。一度分譲してしまえば、100年後も200年後も、そのままの地形となります。1棟でも多く建てたい理由で無理な分割をする建売業者が多いです。建築確認さえ許可されればOKという感覚の業者もいます。

そのような無理矢理に分割した変形土地を分譲する会社が、お客様第一主義のはずがありません。ギリギリ建物が建てばOK・・という感覚で分譲しているのですから、買った人が住んでみて不便でも関係ないという事です。売ったら勝ち。売ったらサヨナラ。

買った人も、年月が経てば買い替えを検討する日が来ます。その時には再び分譲会社を恨む事となります。間口2mの敷地延長は車を入れるとドアを開けるのに苦労します。土地が三角形だと建物も三角形だったりします。査定額が高いわけありませんよね。

そのような物件を見るたびに、「昔の建売業者は酷い分譲をするものだな・・」と思うのです。どこの会社が分譲したのか?調べてみると、高確率で倒産しています。歴史は繰り返されるのなら、今後も多くの建売業者が倒産するでしょう。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.