ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
プロの仕事
不動産取引をするにあたり、最も重要な事は「予測」であり、「先読み」であると考えてます。例えば・・・不動産会社から、貴方の担当する物件を買取りたいと連絡があったとします。公道だけに面する土地なのに、「私道の掘削承諾を条件とする」と買付証明書に記載してありました。・・この段階で分かる事があります。

・注意力が足りない。誰もチェックしていない。
・先方の担当者も上司も物件資料に目を通していない。
・買い取りを検討しているのに調査もしていない。
・先方の上司には、部下を管理できる能力が無い。
・何かあれば仲介者の責任を問えば良いという方針。
・まず買付けを入れて、何かあれば撤回する可能性あり。

・・・この位は予測できますね。不動産会社が物件を買い取る場合、事前に自社でも調べるのが常識です。仲介会社の調査に関して裏を取るのです。万が一の事を考えて動くのがプロです。後で問題が発覚した時に「騙された!」と叫んでも、「お前らも、プロだろ?」と笑われます。

買取りの話だと両手になりますので喜ぶ営業は多いですが、取引する際は注意したほうが良いです。、素人同然の会社は、素人と同じセリフを言います。「聞いてない!説明されてない!」とかね。問題がある業者との取引をした後で、「買い付けの時点でトラブルを予測できるヒントがあったのに見逃していた」と気がついても遅いのです。

大手仲介会社2社が、それぞれ客付け・物元として共同仲介をする時は、2社が同じ調査をします。重要事項説明をするほうの会社が調査をするのは当然ですが、もう1社も水面下で同じ調査をしているのです。調査内容に間違いが無いかチェックするためです。・・プロなら当然ですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.