ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
査定
「家を一円でも高く売りたい」と思うのは当然ですね。でも、それを言葉にする顧客は少ないです。なぜなら、価値を無視した価格設定では売れない事を知っているし、現実的に近所の相場くらいは把握している人が多いのです。

自分でインターネット等を駆使して売り出し事例から分析できる時代です。特殊な物件でなければ、当たらずとも遠からずの予想はできると思います。まぁ、そんな常識的な人ばかりなら我々の仕事も楽なのですが、そうもいきませんね。

現実的な査定価格を伝えると・・・顔つきが険しくなり、今にも怒り出しそうな顔で、「分りました。」と言われたならアウトです。心では、(不動産屋は他にもあるのよ。御社には絶対に依頼しませんよ。)と言っているのが聞こえそうな時もあります。こんな経験は数え切れません。

最初は嘘でも良いから高い金額を提示する・・そんな手法が好ましいのでしょうか?・・適当な時期に値下げさせれば良いのでしょうか?・・この問題は難しいのです。正直に言って失敗すれば全てが無駄・・高く受けて広告すれば時間と経費の無駄・・どちらにしても無駄なのです。

私は高くは受けません。それには別の理由があるからです。自分中心で傲慢なタイプの人は、その後の値下げも難しく、値下げしたとしても恨みを残します。円満な取引にならないケースが多いのです。何か小さいトラブルでも発生したら最大限の攻撃能力を発揮したりします。

高額の取引なら、そんなリスクも受け入れますが、手数料100万以下の話なら逃げたほうが良いのです。まぁ、怖いもの知らずの自信過剰な人は気にしないでOKです。そのうち・・・・・。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.