ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
戦力外通告
『戦力外通告』はプロ野球界だけの話ではありません。不動産仲介の世界でも『戦力外通告』はあります。昔の名選手も昔のトップセールスも今の成績が悪ければ戦力外通告されます。

プロ野球には詳しくありませんが、不動産仲介の世界では2年~3年に一度はスランプがあり、その時に戦力外通告・・・いわゆる退職する事となります。契約社員なら契約更新をしないだけですが、社員として雇用されている場合は、「遠隔地への転勤」等の嫌がらせにより自主退職へと導かれます。これは各社それぞれのノウハウがあり、問題にならないように気をつけています。

退職の際は、会社で決めた書式の「退職願い」があり、その文章どおりに書かなければなりません。会社によっては一度だけ留意したりします。本当に退職を撤回されては困りますので、軽い感じで引き止めます。本気でない事は雰囲気で伝わります。そして、「俺は一応引き止めたよな?だけど辞める意思が固いんだよね?」というストーリーを自作自演し、上に報告するわけです。

退職の日に本社へ手続きにいくと、幹部が、「残念だよ。もう少し頑張って欲しかった」なんて言ったりします。もちろん本心ではありません。退職後に会社を訴えたりされると迷惑なため、良い人を演じているのです。転職して来た者が過去の自慢話をするシーンは多いですが、売れない時期に会社を追い出され、辛い再就職活動を経て入社したというのが実情です。

そのような者も、また2~3年すると・・・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.