ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
社内監査
昔、堅い会社に勤務していた時の話です。朝、出勤したら見かけない人達がデスクの引き出しを勝手に開けているのです。上司に聞くと、「社内監査だよ。これから数日間は気が重いな・・」との事。よくテレビで見る東京地検特捜部による強制捜査のようでした。

机の中、ロッカーの中、全ての契約書類までチェックされました。数日間は応接間は占拠された状態です。そこで全ての書類をチェックしているのです。監査の最終日には総括として責任者、営業職、事務職が集められ、監査結果について発表されました。

契約書類に関して、「指摘事項なし」の営業職は0です。いるとしたら入社して数日の営業職だけです。契約していなければ監査対象の書類がありませんから。(笑)・・で、よくある指摘事項は、契約関係書類に関する印鑑の種類についてです。

重要事項説明書~契約書~引渡し完了の書類まで、全て共通した印鑑である事が望ましいとの見解です。バラバラの印鑑で処理していると、「何か都合の悪い書類は、営業職が三文印を購入して、勝手に偽造したのでは?」という嫌疑が発生するのです。

私に関しての指摘事項もありました。契約書の特約に関して・・
○第一条・・・・・・とする。
○第二条・・・・・・とします。

可能なら共通した表現にしなさい・・との指摘でした。(汗) この程度のレベルなら、他の大手系列会社なら問題にもならない・・というか、社内監査の制度がないので、契約前のチェックを通ってしまえば永久に発覚しないと思います。

指摘事項は、訂正するか?反省文を提出してご容赦いただくか?の選択肢しかありません。私は反省文を提出しました。ちなみに机の中にあった1円玉を集めたビンは、事前に事務員さんが警告してくれていたので、監査の前に隠す事ができました。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.