ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ま、世間話でも。2
私は毎日、夕飯を食べながら「のどごし生」を1本飲み、このブログを更新する時には2本目を飲んでいます。よく酔っ払いながら真面目な話を書けるな・・と我ながら感心してます。

パソコンの前に座った時点では、更新内容が決まっていない状態です。ダラダラとネットサーフィンしながら、「そろそろ更新でもするか・・」と思うと、やっとネタを考え始めます。

とくに何かを見たり参考にしたりする事もなく、記憶にある情報のみで書いてます。酔っているせいか?ダラダラと同じような事を繰り返し書いている事が多いため、一度は読み返して無駄な文章を削り、短めにしています。

更新が終わるとメールチェックします。そして返信です。・・・で、メールの返信が終わると、だいたい0時は過ぎてます。ブログを始めてからテレビを見る時間が極端に減りました。「女帝」と「サラリーマンNEO」だけは欠かさず見ていましたけどね。

最近になって気がついたのですが・・一日中、仕事で不動産の事を考えているのに、帰宅後~寝る時間まで、このブログを更新しているのですから、私は「不動産バカ」ですね。同業者の皆さんも、毎晩このブログを見ているのなら・・不動産バカですよ。ご用心。
重要の範囲
もし、「不動産の神様」がいたとしたら重要事項説明や契約書は完璧ですね。では完璧な重要事項説明や契約書というものが存在するとしたら、どのようなものなのだろうか?

我々は、法で定められた範囲内で、説明義務を果たす事を重要事項説明と理解してますね。しかし、法で定められた範囲は年々拡大する傾向にあります。より詳しく・・という事です。ありとあらゆる事を書け!・・というのなら凄い事になります。重要事項説明には必ず百貨辞典を添付する事となります。そして、契約書の特約には、この世の中で起こりうる全ての可能性を書くのですから、やはり膨大な量となります。例えば・・・

売買契約書 特約第7002912条・・侵略
本物件を引き渡すまでの期間内において、他国または地球外生物からの侵略行為等が発生し、売主が本契約で定める義務の履行をできない時は本契約を白紙解除できるものとします。その場合、受領した金銭はすみやかに返還する事としますが、侵略行為の影響において金銭の返還が不可能な時は、事態が解決する迄の相当期間は猶予します。特約第7002913条・・隕石の落下・・・

・・・なんて感じで、想像できる事の全てを書く事になるわけです。ハリウッドの映画俳優がCM出演の契約をする場合は、契約書の厚みが辞典並みだと聞いた事があります。契約で定める範囲は広く、いろいろな可能性について明記されているようですよ。アクションスターなら、契約期間内における「体重」や「胸囲」、「首の太さ」等が定められた範囲から外れないように書いてあるそうです。

たくましいイメージだからCM契約したのに、テレビCMの放映期間中に痩せ細り、頼りないイメージになれば損害賠償・・という事です。契約期間中は、定期的に身体測定を義務付けたりするのでしょうね。これがアメリカの常識だとすれば、日本人の常識はまだ甘いのかな?でも、今後は日本もアメリカのようになるのでは?

不動産取引においても説明義務や契約条項は増える傾向です。地球外生物・・なんて特約は冗談に聞こえるかも知れませんが、10年後、20年後には現実となるかも知れませんよ。ご用心。
人生時計
私は人生を1日に例えて考えています。例えば80年の人生を24時間で考えるのです。午前0時に生まれて0歳、朝の6時で20歳、お昼の12時で40歳、仕事が終わる18時で60歳、帰宅して70歳、寝ると80歳・・ご臨終。

これが、けっこう当てはまるのです。生まれてから20歳までは経済活動をしていない準備期間です。成人する時期が朝6時なら、起きる時間ですので経済活動を始める時期といえます。

9時・・慌しい一日の始まりです。即戦力として扱われる30歳のようです。今日も1日がんばるぞ!というスタートの気分です。夕方の事なんて考えられません。

12時で40歳・・もうお昼か・・アッと言う間だな・・という感じですね。でも、まだまだ仕事です。まだお昼ですからね。働き盛りの40歳は「お昼頃」といえます。

15時で50歳です。銀行が閉まりますが、まだ仕事はできます。もうしばらくすると、外は少しづつ暗くなってきます。今日も、もうすぐ終わりだな・・という寂しさはあります。

18時で60歳・・もう仕事は終わりです。経済活動を終える18時は定年と似ています。帰る準備をして会社を出ます。外は暗くて、空には星が見えます。

21時で70歳・・夕食も終え、好きな事をして過ごします。そろそろ寝る人もいます。一日を振り返ったりします。まるで人生を振り返る70歳のようです。人生も終わりが近いです。

そして0時・・夢の中です。人生も終わったという事です。

自分を当てはめてみると面白いです。若い人は余裕ですね。まだ午前中の気分でしょ?でも、中年は焦りますよ。ボーッと過ごしていると夕方になってしまいますからね。

・・・さて、あなたの人生時計は今何時ですか?有意義に過ごせていますか?一日は短いですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.