ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
謎の会社
私がまだ駆け出しの頃です。取引業者を開拓するために、不動産会社へ飛び込み訪問をしていたのですが、少し雰囲気の違う会社へ飛び込んでしまいました。赤レンガの建物で入口には社名が金色で表示されていました。

「こんにちわ。」と中へ入り、不動産会社だと告げると、いきなり怒鳴れました。二度と来るな!・・という内容だったかな?とりあえず帰りました。・・・が、数日後にその会社の前を通り、いたずら心でもう一回怒らせてみようと思い、懲りずに訪問したのです。

また怒鳴るかな?とは思いましたが、度胸試しの感覚で訪ねると・・「お前、この前来た奴だな?」と言い、中へ通されました。機嫌が良いみたいだったので拍子抜けしました。コーヒーを出してくれた女性は社長の娘さんでした。

「この前は父が怒鳴ってすみませんでした。いつも、ああなんですよ。人嫌いで・・」と言われたように記憶しています。その後、忘れた頃に社長さんから電話をいただきました。「会社に顔を出してくれ」との事でした。

会社に顔を出すと、社長は、「娘が、どうしても呼んでくれと言うから・・」と説明してくれました。どうやら私は、娘さんに気にいられたようでした。食事に行く流れになり、生まれて初めて「しゃぶしゃぶ」を食べる事ができました。

そして年末がやってきました。忘年会に呼ばれたので行ってみると・・堅気とは思えないメンバーでした。時間が経過するにつれ、酒癖の悪い者が暴れだしました。社長が一番の酒乱で、「テメェら、ぶっ殺す!」と言い出しました。

相手も「やってみろよ!この老いぼれジジィが!」と挑発し、ビール瓶は割れる、テーブルは倒れる、罵声が飛び交う店内・・さて、無傷で帰れるのだろうか?・・と不安でしたが、無事に一次会は終わりました。二次会に誘われましたが、お断りしました。

正月には、挨拶でご自宅へ出向いたのですが、行ってみると・・数百坪の敷地に高い塀・・3カ所の監視用カメラ・・要塞のような邸宅・・そういえば、社長さんは一言も「不動産屋」なんて名乗っていない事に気がつきました。

ここから先は運命の分かれ道・・という気がしたので、玄関前で立ち止まり・・よく考えた末、私は引き返しました。深く付き合うべきだったのだろうか?引き返して正解だったのだろうか?と考える事もあります。その後はお会いしていません。20年も昔の話でした。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.