ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
隣接
顧客が隣地の人からどう思われているかは分かりません。飼っている犬がウルサイ・・と思われているかも知れませんし、木の枝が越境してるのに黙認されているのかも知れません。

とりあえず普通に生活をしていれば問題には気がつかないのですが、家を売るとなれば話は別です。境界の立会いなどすれば、「このブロックは私が工事費を負担した」とか、「木の枝が出ているので、売るのならキッチリと処理して欲しい」等の話になります。

『今まで数十年の間、何も問題は無かった』と言う認識は、間違いだったと気がつく事になるでしょう。まわりが我慢していただけの話です。売却して新しい住人が来るのであれば、このタイミングで改善してもらわないと困る!・・という事になります。

測量の立会いをしている最中に予想外の問題を知る事もありますし、売出しのチラシ広告を見て、「物件の隣に住む者ですが、お伝えしておきたい事があります。」と電話がくる事もあります。ありがたい話です。

知らずに契約すれば責任問題に発展する事もあります。何か問題があるのであれば、全てを明らかにしなければなりません。こちらが知らない事を第三者が教えてくれるのなら感謝すべきですね。物件調査においてご近所から提供される情報は重要です。役所等の調査だけで安心していると怪我をしますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.