ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
重説4
重要事項説明書の作成は、無理をすれば1日で完成します。じっくり1週間位かけて完成させる事もできます。当然ですが、急ぎで作成したものより時間をかけて作成したもののほうが完璧に近いですね。消費者の立場で考えれば、詳しく調べて欲しいと願うはずです。では、どのくらい時間をかける事がベストなのか?

例えば・・いつも取引をしている中古マンションなら速いですね。物件に関しては、部屋番号と面積を変えれば良い・・なんて時もあるでしょう。これは楽なパターンですが、土地建物は別世界です。隣の物件でも違ってきます。駅までの距離は同じですけどね。調査には時間を要します。慣れていても自分で判断せずに調べる癖をつけないとトラブルを招きます。

媒介時にはカンタンな調査をして、契約が決まってから本格的に調査をする・・という営業マンが多いですが、時間のある時に少しづつ調べる癖をつけると良いですね。契約が決まっていない段階ですから、時間はかけられます。完璧を目指す事ができるわけです。急ぎの時は調査を簡単に終わらせるという最悪の状態に追い込まれずに済むのです。

重要事項説明は相手に渡したら最後です。その後、誰に見られているか分かりませんよ。・・・あなたがテレビでも見ながらビールを飲んでいる時に、昔に書いた重説を弁護士が読みながら顧客にアドバイスをしているのかも知れませんよ。重要事項説明の手抜きは命取りです。契約する直前ギリギリまでチェックするくらいの心がけをしましょうね。ご用心。



大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.